MHX「高難易度:強者たちの祭典!」大連続狩猟クエスト攻略|恐れず頭を攻撃する事がポイントです!

スポンサードリンク

強者たちの祭典 攻略 村6「高難易度:強者たちの祭典!」大連続狩猟クエストの攻略です。登場モンスターは個性派ぞろいで、5体のモンスターを連続狩猟する事がクリア条件です。「高難易度:非常に波状な状態異常」同様に闘技場で2体同時に登場しない事が救いです。

このクエストは、村クエスト最終「高難易度:四天王の凱歌」解放クエストの1つですので、避けては通れないクエストです。「高難易度:四天王の凱歌」より難しく感じましたが、装備を整えて挑めば攻略可能です。

条件

・武器と防具の生産難易度はソロでも容易に生産できる範囲
・神お守りは使用しない
高級耳栓(今回は発動させていません)
咆哮(大)のモンスター多い為、高級耳栓があれば咆哮(大)を無効化でき反撃チャンスも生まれます。ティガレックスの場合、正面で咆哮(大)を受けるとダメージを受けるので、動作に入ったら背後に回り込むとダメージを回避できます。
気絶半減
連続攻撃を得意とするモンスターばかりなので、ハンターが連続で攻撃を受けて気絶し大きな隙が出来る危険があるので、気絶半減スキルを発動させます。スロットに余裕がある場合は、気絶無効スキルを発動する事をお勧めします。

装備

ブシドースタイル発動スキル
スポンサードリンク
スキル一覧たまのをの絶刀の斬振キリンS装備集会所上位の個体が登場するので、防御力は600程度あれば安心です。特にイャンガルルガの咆哮後の飛びかかりは、避け難く高級耳栓はあると便利です。

武器は、5体とも弱点属性が異なりますが雷属性が弱点のモンスターが多いので、ライゼクスの雷属性太刀「飛竜刀エメラルドLV6」がお勧めですが、イャンガルルガの狩猟に時間が掛かると見込んでタマミツネの水属性太刀「たまのをの絶刀の斬振LV6」を使用します。「たまのをの絶刀の斬振LV6」の生産には「泡狐竜の水玉」が必要ですが入手困難ですので、攻撃力と切れ味が高ければ他の武器でも問題ありません。スタイルは、ジャストアクションで回避が行えるブシドースタイルがモンスターに張り付けるので良いと思います。

持物

ポーチ1:3ポーチ2:3ポーチ3:3モドリ玉を11個使用できるように、調合分の「素材玉」10個と「ドキドキキノコ」10個を持ち込みます。罠も設置できるのでポーチに空きがあれば持ち込みます。罠は使用しなくてもクリア可能です。回復系アイテムも一通り持ち込みます。

力の護符」と「守りの護符」も防御力と攻撃力が上がるので持ち込みます。「力の爪」と「守りの爪」もイビルジョーの素材が必要ですが、集会所6の「恐暴竜の根城」等のクエストでイビルジョーを狩猟し、「力の護符」と「恐暴竜の鉤爪」を調合し容易に生産できるので持ち込むようにします。「守りの爪」の調合も「力の爪」と方法は同じです。

各モンスターの弱点

リオレウス   [弱点:] [弱点部位:]
イャンガルルガ [弱点:] [弱点部位:]
ティガレックス [弱点:] [弱点部位:]
ナルガクルガ  [弱点:] [弱点部位:]
ジンオウガ   [弱点:] [弱点部位:]

手順

リオレウス

クエスト開始後、リオレウスが登場します。闘技場の段差を使い乗り攻撃を行いながら立ち回ります。

攻撃するポイントは、ダウン時以外は頭を狙わずに足元を攻撃します。

攻撃方法は、深追いせずリオレウスの攻撃後2〜3回程度斬りつけます。段差が近くにある時は積極的に乗り攻撃を行います。

リオレウスのホバリング中は閃光玉か乗り攻撃でリオレウスを落とし、ダウン時は頭を攻撃します。ハンターの位置が頭から遠い場合でも頭に回り込み頭を攻撃します。ダウン中はリオレウスの頭が動きにくいので容易に頭を攻撃する事ができます。

頭は脚の2倍ダメージが通りやすいので、ダウン時は必ず頭を攻撃します。

10分程度攻撃を続けているとリオレウスの狩猟が完了します。閃光玉と乗り攻撃で比較的簡単に狩猟する事が可能です。

リオレウス狩猟後、1分程度のインターバルがあるのでモドリ玉でキャンプに戻り態勢を整えます。

イャンガルルガ

2番目にイャンガルルガの登場です。素早い動きと毒攻撃を得意とする厄介なモンスターです。

攻撃のポイントはリオレウス同様に乗り攻撃と脚を攻撃します。イャンガルルガは動きが素早いので、乗り攻撃は無理に行わずメインは脚を攻撃します。

毒攻撃を受けてしまった場合は、モドリ玉で退散したほうが安全です。

咆哮後の突進は避けにくいので、素早く回避するかジャスト回避します。

ダウン時は弱点の頭を攻撃します。12分程度、張り付いて攻撃を行っていると狩猟完了です。リオレウスと比べ狩猟時間は掛かりますが、後の3体は戦いやすいのでイャンガルルガに時間を使っても問題ありません。

ティガレックス

イャンガルルガ狩猟後、1分程度インターバルがあるので態勢を整えます。3番目のティガレックス登場後は、頭か尻尾をメインに攻撃します。

頭を攻撃する時は、頭に1〜2回斬りつけてティガレックスの胴体をすり抜けて回避します。

尻尾は容易に切断することができ、ティガレックスの回転攻撃範囲が狭くなるで切断後は立ち回りが楽になります。

ティガレックスが怒り状態になると動きが素早くなるので、深追いはせず怒り状態が解除されるまで攻撃は控えめにします。怒り状態中に閃光玉で足止めするのも良いと思いますが深追いは禁物です。

弱ってくると咆哮(大)が多くなるので、高級耳栓スキルが発動していると後半は容易に戦うことができます。

ティガレックスは8分程度で狩猟完了です。闘技場エリアは広いので、立ち回りやすくゴリ押し気味になりますが、怒り時の攻撃力は高いので怒り時は控えめに攻撃します。

ナルガクルガ

ティガレックス狩猟後、1分程度インターバルがあるので態勢を整えます。4番目にナルガクルガの登場です。ティガレックスと同様に太刀と相性が良いのでゴリ押しで問題ありません。

ナルガクルガの攻撃後に頭と胴と尻尾をメインに攻撃します。ナルガクルガの翼は硬く弾かれた場合、ハンターに隙ができるので注意しましょう。

ナルガクルガが怒り状態になると、動きが素早くなりますが攻撃パターンは通常時と変わらないので、怒り状態時の立ち回りも通常時と同じです。ナルガクルガの怒り状態は短めです。

張り付いて攻撃を行っていると8分程度で狩猟完了です。

ジンオウガ

最後にジンオウガの登場です。エネルギーをチャージし超帯電状態に移行するまでは隙が非常に多いので、頭をメインに攻撃します。超帯電状態では動きが素早くなるので、後脚をメインに攻撃します。

超帯電状態の時は罠で足止めし頭を積極的に狙うと、容易に超帯電状態を解除する事ができます。超帯電状態では疲労状態にならないので一刻も早く解除したいところです。

シビレ罠は超帯電状態では効果が無いので、落とし穴を設置するようにします。また、通常時もシビレ罠は帯電状態を加速させるので、シビレ罠は他の4体に使用しましょう。

2〜3回行ってくる連続前脚攻撃は、ジンオウガの攻撃後回避を繰り返すと比較的容易に回避できます。

張り付いて攻撃を行っていると8分程度で狩猟完了です。

強者たちの祭典 攻略

まとめ

クエスト攻略のポイントは罠や閃光玉を使い弱点の頭を攻撃する事です。リオレウスやイャンガルルガの狩猟に時間が掛っても問題ありません。制限時間を気にしすぎて無理に攻めると、各モンスターは上位個体ですので思わぬ大ダメージでキャンプ送りになり余計に時間を使います。高級耳栓が発動していればもう少し簡単にクリアできると思いますが、耳栓を頼りすぎてジャスト回避が散漫になる場合があります。

MHX アカム装備の作り方
アカムトRシリーズで挑めば防御力(最大強化660)も高く、スキル(心眼・気絶半減・高級耳栓・鈍器)も充実しているので比較的容易にクリアできると思います。

スポンサードリンク

関連がある記事

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です