ダイソープリンターインク詰め替え方法について|費用や発色についても記載しています。

スポンサードリンク

ダイソー詰替インク キャノン年賀状や写真をプリンタで大量に印刷するとインク代がバカになりません。そこで、100円均一(ダイソー)で詰め替えインクを購入しインクを詰め替えたので、手順や費用について詳しくまとめてみました。純正インクとダイソー詰め替えインクの発色の違いについても記載しています。

今回、ダイソーインクを詰め替えした機種は「キャノンPIXUS MG3630」ですが、他のメーカーや機種でも詰め替え方法に大きな違いはありません。純正インクカートリッジの型番は、ブラックインクカートリッジが「BC-340」でカラーインクカートリッジが「BC-341」です。大手の家庭用プリンターメーカーならダイソー詰め替えインクが対応しており詰め替えが可能です。

インクを補充するメリット・デメリットは?

メリット
・ヘッド一体型インクの場合、1つの色が切れてもカートリッチ丸ごと交換しなくて済む。
・高価なインクカートリッジを買わなくて済む。
・インク代を気にせずプリントできる。

デメリット
・詰め替え時インクで手が汚れる。
・詰め替えに時間が掛かる。
・メーカー保証・修理の対象外になる。

費用比較(キャノンPIXUS MG3630)

純正カートリッジの費用
・BC-340(ブラック) 容量7.6ml 1,738円(税込)
・BC-341(3色カラー)容量8.2ml 1,944円(税込)
合計 3,682円(税込)

ダイソー詰め替えインクの費用
・ブラックインク 容量25ml 108円(税込)
・イエローインク 容量25ml 108円(税込)
・ブルーインク  容量25ml 108円(税込)
・マゼンタインク 容量25ml 108円(税込)
・穴あけ工具(2.0mmドリル)108円(税込)
合計 540円(税込)÷3回分=180円(税込)
※容量25mlのインクで3回詰め替えれるので、詰め替え1回分の費用は180円になります。テッシュペーパーも10枚程度使用しますが、少額であり費用には含めていません。

費用差について
3,682円−180円=3,502円
インクを詰め替えた方が3,502円(税込)お得です。3回詰め替えた場合、10,506円(税込)の差があり約プリンター本体代金と同等の差がでます。

詰め替えに必要な物(キャノンPIXUS MG3630)

①ブラックインク 容量25ml 1セット
②イエローインク 容量25ml 1セット
③ブルーインク  容量25ml 1セット
④マゼンタインク 容量25ml 1セット
⑤穴あけ工具(2.0mmドリル)1本
⑥ティッシュペーパー(ボックス) 1箱

ダイソー詰替インクダイソー詰替インク2
スポンサードリンク
※全てダイソーで購入でき、他の機種でも必要なものに大きな違いはありません。

詰め替え手順

①汚れないようにダイソーインク同封の説明書等を敷きます。

②インクカートリッジの汚れをテッシュで拭き取ります。手が汚れるのでダイソー詰め替えインクに付属の手袋をして作業します。カートリッジの端子部に触れてしましっても問題はありませんが、できる限り触れないほうが良いです。

端子部掃除 プリンター③インク補充穴をあける目印をつける為に、付属のガイドシールを貼り付けます。

ガイドシール貼り付け④ガイドシールの目印を2.0mmのドリルを使い穴をあけます。穴があくとドリルの音が変わります。ドリルの切り屑が少々カートリッジに入っても、カートリッジ内のスポンジに引っかかるのでヘッドが詰まることは少ないと思います。

※今回、2mmのドリルが家にあったのでダイソードリルは購入していませんが、ドリルの形状はダイソーと変わりません。

カートリッジ穴あけ⑤補充インクのキャップを外し、カートリッジに開けた穴にインクを補充します。補充の目安は、インクの1/3程度です。溢れてしまってもティッシュで拭き取れば問題ありません。

インク補充⑥最後にインクを補充した穴にシールを貼り付け補充完了です。インクが漏れているとシールの付きが悪くなるので、漏れたインクを拭き取ってから貼り付けると良いです。

シールでフタをする⑦カラーカートリッジは3ヶ所穴をあける必要がありますが、詰め替え手順はブラックカートリッジと同じです。インクを補充する場所と色を間違えないように注意して下さい。

カラーカートリッジガイドシールインク詰め替え

発色の違い

純正インクとダイソーインクを比べても発色の大差はありませんでした。経年劣化については確かめていません。

まとめ

一度、インクを詰め替えると純正カートリッジを購入する気にはなれません。作業自体も難しい作業は無く簡単に補充する事ができます。2回目の詰め替えはドリルで穴をあける必要もないので、インクを詰め替えるのみで作業終了です。

気になっていたインクの質に関しても、発色に違いは無くダイソー詰め替えインクと純正インクの違いは分かりませんでした。

インクを詰め替える上での注意点は、カラーカートリッジにインクを補充する時、詰め替える場所と色を間違えると色が混ざってしまいカートリッジが使えなくなるので要注意です。

インクの詰め替えに適しているプリターは、間違えて色が混ざってしまった場合やプリンターヘッドが詰まって使えなくなった場合に、対処し易いヘッド一体型インクを搭載したプリンターがオススメです。ヘッドの調子が悪くなったら、ヘッドを丸ごと交換で対処できます。

年賀状 インクジェット紙・写真印画紙の発色の違いはこちら!

スポンサードリンク

「ダイソープリンターインク詰め替え方法について|費用や発色についても記載しています。」への11件のフィードバック

  1. ダイソーインクって穴あけのピンが付属してた気がするんですけど、それじゃ開かないんですか?
    ピンバイス必須ですか?

    1. D輔さんコメントありがとうございます。
      ダイソーインクには穴あけピンが付属していますが、キャノンのヘット一体型インクカートリッジの場合、穴あけピンで穴を開けることが不可能ですのでピンバイス(ドリル)が必須になります。
      キャノンのヘット一体型インクカートリッジの材質は硬いプラスチックで出来ており、錐(キリ)やハンダゴテでも穴を開けることが困難でした。

  2. このプリンタの場合
    インクを入れ替えるだけなのでカートリッジはずっと
    純正のままで使える、という解釈であっていますか?

    というのも私は現在エプソンのプリンタを使っているんですが
    出回ってる互換インクは全て丸ごと入替タイプなんです
    なのでカートリッジが認識しません、どれも粗悪な中華製なので

    それもこのプリンタ+ダイソーなら解決できそうだと期待しています
    キャノンのプリンタは大昔に使っていました
    インクが切れても使えるのがよかったかな。エプソンのは1色でも欠けると作動すらしませんから

    1. D輔さんコメントありがとうございます。
      ヘット一体型インクカートリッジですので、純正カートリッジにインクを補充すれば純正のまま使用可能です。
      また、エプソンの純正カートリッジもダイソーインクで補充可能です。

      一度、プリンタ+ダイソーでインクの補充を行うと純正カートリッジを購入する気になれませんよ(^_^)

      1. 情報ありがとうございます
        私もプリンタは色々使いましたが互換インク派です
        ただかなり製品個体差があるらしく、色がグチャグチャになることもしばしばw
        でも基本テキストのみの印刷なので黒だけで十分です
        黒だけなら品質差は出にくいので困ってません

        でもエプソンは1色でも認識エラーすると印刷できないので、
        互換インクとミスマッチなんですよね・・・
        でも補充できたんですね

        これも同様にピンバイスで頭部(?)を穴あけからの注入ですか?

        1. D輔さんコメントありがとうございます。
          互換インクって個体差が大きいんですね!
          エプソンインクカートリッジの場合、詰め替えインク付属のピンで穴あけ出来たと思います。
          詰め替えインクの取扱説明書にインク補充後のリセット方法も記載されて入るので、認識エラー(インクなし)も回避できると思います。

    1. 月さんコメントありがとうございます。
      インクが漏れた事はありませんが、故障の原因になるか?については調べておりません。
      2017年5月現在、問題なく印刷出来ています。
      2017年の年賀状も詰め替えインクプリンタで印刷しました。(*´ω`*)

  3. こんばんは~
    以前からip2700で使ってます。
    この度コピーが出来るMG3630に買い換えたのですが、
    カートリッジを認識しないエラーは出ないのでしょうか?
    またエラーの直し方、この機種はリセットボタンが無いような?
    アドバイス宜しくお願いいたします。

    1. 長谷清史さん コメントありがとうございます。
      純正カートリッジを再使用してインクを補充した場合、カートリッジ認識エラーは発生しまん。(壊れてなければ・・・)
      また、インクカートリッジの残量検知機能のキャンセルは、本体の「ストップ/リセット」ボタンの長押しでキャンセル可能です。
      一度、残量検知機能のキャンセルを行うと以後、インクが切れても残量検知は機能しません。

      参考になれば幸いです。( ^ω^ )

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です