ジムニー(JB23)エンジンオイル交換手順|画像で交換手順をまとめました。

スポンサードリンク

JB23ジムニーオイル交換手順前回のオイル交換から4000㎞程度走行したのでオイル交換を行いました。スズキでは5000㎞毎に交換が推奨されています。今回、実際に交換作業を行った手順についてまとめました。

使用部品

■エンジンオイル(Castrol EDGE 5W-30 SN):3.0L
※スズキ指定の粘度は10W-30です。
■ドレンボルトワッシャー:1個

使用工具

■17mmメガネレンチ
■オイルジョッキ
■漏斗(じょうご)
■オイル処理ボックス(3.0L以上)
■ペーパータオル:少々
■パーツクリーナー:少々

交換手順

オイル交換作業はエンジンが冷えている時に行います。エンジンが温まっていると作業中に不慮の火傷を負う危険があります。また、エンジンを温めても排出されるオイルの量に違いは殆どありません。ジムニーオイル交換 1オイルドレンボルトを17mmのレンチを使い手で回せる程度まで緩めます。ジムニーは車高が高いので、車体を上げなくても体を潜り込ませ作業を行うことができます。ジムニーオイル交換 2
スポンサードリンク
ドレンボルトが緩んだらオイル処理ボックスをオイルパンの真下へ配置します。配置後、オイルで手が汚れるのをビニール手袋等で防止し、手でオイルドレンボルトを外してオイルを抜きます。IMG_2046④オイルを完全に排出したら、オイルドレンボルトに新しいワッシャー(14mm)を取り付け、49N.mのトルクでオイルドレンボルトを締め付けます。今回、ドレンワッシャーは交換していませんが、オイル交換毎に交換が推奨されています。ジムニーオイルドレンワッシャー⑤オイルキャップを外しオイルジョッキに規定量のエンジンオイル2.8Lを計量して漏斗を使い補充します。
オイルフィルター交換:3L
オイルフィルター交換なし:2.8Lジムニーオイル交換 3IMG_2050ジムニーオイル交換 補充量エンジンを始動させ1〜2分程度アイドリンングを行い、オイルをエンジン内部に循環させます。エンジン停止後、エンジンオイルレベルゲージでエンジンオイルの量を2〜3回程度確認して、オイル交換作業は終了です。ジムニーオイル交換 規定量

まとめ

オイル交換で困難な作業はないですが、オイルの取り扱いを慎重に行わないと地面や衣服が汚れて後処理に苦労します。しかし、焦らずに作業を進めれば衣服が汚れることはなく、20分程度でオイル交換作業が完了します。

スポンサードリンク

「ジムニー(JB23)エンジンオイル交換手順|画像で交換手順をまとめました。」への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます。
      ご指摘の通り間違っておりました。

      誤)95N.m → 正)49N.m

      訂正しておきます。 

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です