ポケモンGO 1週間で図鑑に登録できたジョウト地方のポケモンについて!

スポンサードリンク

ポケモンGOにジョウト地方のポケモンが追加され1週間が経ちました。そこで、ポケストップの少ない田舎で、1週間ポケモンを捕まえ図鑑に登録できた数についてまとめました。ジョウト図鑑を基に捕まえたポケモンの数で、ポケモンを色分けして記載しています。また、1週間で入手できた進化アイテムについても記載しています。

条件

・2月17日から23日までの1週間
・18時頃から22時頃までの4時間程度
・移動は自動車を使用
・ポケモンの進化はさせない
・ジョウト地方のポケモンを優先的に捕まえる

結果

スポンサードリンク
ジョウト地方のポケモン約80種類中、1週間で53種類を捕まえる事が出来たので、66%ジョウト図鑑を完成させた結果になりました。

赤色=1匹捕まえる事が出来た
黄色=2〜10匹捕まえる事が出来た
緑色=11匹以上捕まえる事が出来た
黒色=卵から孵化した

入手した進化アイテム

■おうじゃのしるし■
2月18日に1個入手

■メタルコート■
2月22日に1個入手

■アップグレード■
2月18日に7日間ボーナスで1個入手

まとめ

カントー地方のポケモンと違い、1週間で多くのジョウト地方のポケモンを捕まえ図鑑に登録する事が出来ました。田舎でもクヌギダマやメリープ等のレアなポケモンも捕まえることが可能でした。また、トゲチックに1週間で3回遭遇しましたが、ハイパーボールとズリのみを大量に使い1匹だけ捕まりました。

そして、ジョウト地方のポケモンを捜索中に、田舎では出現しなかったシェルダやコイル等のポケモンも田舎で捕まえる事が出来たので都会と田舎の格差については、少なくとも出現するポケモンの種類については格差が少なくなったように感じました。

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です