Apple無線イヤホン AirPods(エアーポッズ)が充電される仕組みについて!ワイヤレス充電(非接触充電)ではありませんでした。

スポンサードリンク

Appleの無線イヤホン「AirPods(エアーポッズ)」が充電される仕組みについてまとめました。充電方法はイヤホンを充電ケースに差し込めば充電できますが、充電される仕組みについてはワイヤレス充電(非接触充電)が採用されていると思っていましたが、実際には違ったので記載しておきたいと思います。

AirPodsを充電する方法

スポンサードリンク
イヤホンを充電ケースに差し込むと、磁石の力で充電ケースにイヤホンが固定されイヤホンを充電する事ができます。また、フタを開いた状態や片方のイヤホンを差し込んだ状態でも充電は行えます。

AirPodsが充電される仕組み

一見端子が見当たらず磁石の力で充電ケースにイヤホンが固定されるので、ワイヤレス充電(非接触充電)と勘違いしてしまいます。

しかし、充電ケースの奥に充電端子が隠れており、イヤホン先端の金属部と接触する事で充電される仕組みになっています。イヤホン先端の金属部をよく見るとプラスとマイナスの端子に分かれているので、スマホやノートパソコンと充電される仕組みは同じです。

まとめ

無線イヤホンだけにワイヤレス充電(非接触充電)による充電だと思っていましたが、今も昔も変わらない端子による充電方式が採用されていました。端子による充電方式は充電効率が良いので採用されてと推測しますが、少し冒険してワイヤレス充電方式を搭載して欲しかったです。

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です