iPadのキーボードで灰色表示された文字を入力する方法について!QuickTypeキーボードはios11で追加された新機能です。

ios11で追加されたiPadの新機能「QuickTypeキーボード」で、灰色の文字(記号や数字)を入力する方法についてまとめました。iOS11へアップデート後キーボードに追加された灰色の文字(記号や数字)の入力方法が分からず、調べてみると簡単に灰色の文字を入力できる事が分かりました。入力方法が分かるとパソコンのようにシフトボタンを押しながら入力する必要も無く、素早く記号や数字を入力できるので覚えておくと便利です。


スポンサードリンク

灰色の文字を入力する方法

今回、Xキー上の-(マイナス)の入力を例に説明したいと思います。パソコンの場合はシフトボタンの操作で記号や数字の入力が可能ですが、iPadのQuickTypeキーボードで入力する場合は少し操作が異なります。

入力したい灰色文字のキーを指で押した状態で下方向に指をスワイプ(画面に触れた状態で指を滑らせること)します。スマホをスワイプする感じです。

キーを押した状態で指を下にスワイプすると文字が切り替わるので、切り替わった状態で指を離すと灰色だった文字を入力する事が出来ます。

慣れるとスマホのフリック入力のような感覚で入力する事ができます。また、早くスワイプしても入力する事ができるので、数字の羅列でも素早く入力が可能です。

まとめ

灰色文字の入力方法が分かると、記号や数字を入力する際にキーボードを切り替える必要が無く便利です。また、操作に慣れると素早く入力する文字を切り替える事ができるので、メモやPages等で文書を作成する効率も上がると思います。


スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です