iPhoneXを使って感じた事について!ホームボタンや反応速度、FaceID等

2017年11月4日に発売されたiPhoneXを使って感じた事についてまとめました。iPhone6Sから乗り換えiPhoneXを使ってみると、iPhone6Sとの違いに驚かされる事が多くiPhoneの進化を目の当たりにしました。今回、個人的に感じた事について箇条書きで記載し、補足を加えているので分かり易いと思います。


スポンサードリンク

iPhoneXを使って感じたこと

1、パッケージや付属品は過去モデルと大差ありませんでした

iPhoneXのパッケージは過去モデルと大差なく特に驚くことは有りませんでした。また、付属品に関しても過去モデルの付属品と大差ないように感じました。iPhoneXはiPhone誕生10周年モデルなので、サプライズを期待していたので残念でした。

2、クイックスタート機能でデータの引き継ぎは簡単でした

引き継ぎたいiPhoneやiPadをiPhoneXに近づけると自動的に引き継ぎが完了します。Wi-FiのパスワードやAppleID等も自動的に入力が行われるので手間が大幅に省けました。地味にWi-Fiパスワードの自動入力は有り難いです。

3、FaceIDの完成度は巷の噂以上でした

FaceID(顔認証)は登録も簡単で、反応速度もタッチID(指紋認証)と大差ない感じでした。巷では少し反応が遅いと言われていますが、個人的には早いと思います。

また、お風呂上がりにタッチIDは認証エラーが多かったですが、FaceIDでは問題なくロックが解除されるので感動しています。

4、ホームボタンレス操作は問題なし

iPhone6Sと違いホームボタンが廃止されたiPhoneXですが、ホームボタンの位置までアイコンが表示されているので、iPhone6Sと操作が混同することはありませんでした。

また、ホームボタンが廃止され全面がディスプレイになってので、画面保護シールが貼り易くなり、又ホームボタンの部分にゴミが溜まる事も無くなりました。

5、タッチやスワイプの反応速度は想像以上でした

iPhone6Sでも反応は早いと思っていましたが、iPhoneXの反応速度は目で追うことは出来ますが、iPhone6Sと比べると段違いに早いです。

しかし、一部のアプリでは大差ないアプリも存在しました。アプリ「マインクラフト」ではiPhoneXとiPhone6Sで同様にカクカクする事がありました。

6、有機ELディスプレイはYouTube等の動画・画像で本領を発揮します

ホーム画面はiPhone6Sと大差ないように感じましたが、YouTubeで動画を再生したり写真を見たりすると、圧倒的にiPhoneXの有機ELディスプレイの方が綺麗です。

ニンテンドースイッチの画面も綺麗で感動しましたが、iPhoneXのディスプレイはニンテンドースイッチ以上に感動しました。

7、カメラは確かに綺麗に撮影できますが画像処理の恩恵かも

カメラの性能以上に画像処理の恩恵で、背景をボカしたり各種フィルターを使う事により、素人目では一眼レフの写真とiPhoneで加工した写真は判別が付かないレベルに達していると感じました。

8、高価故に取り扱いに気をつかう

iPhoneXは11万円以上と高額な為に、本体カバーと画面保護ガラスは個人的には必須です。また、毎日使うので落としたり無くしたり等のリスクも高いので気を使います。

まとめ

実際にiPhoneXを使ってみると想像以上に快適で、ホームボタンが無い違和感を感じる事もありませんでした。新機能のFaceIDに関しても設定は簡単で、認証エラーも今の所発生していません。

価格が高価な事が難点ですが、毎日使う物と考えれば安いと思います。年々価格が上昇するiPhoneですが、iPhoneXに関しては過去のモデルと比べても外観や操作方法が大きく変っており、新鮮味のある1台に仕上がっていました。


スポンサードリンク

関連がある記事

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です