iPhoneX純正レザーケースを選んだ理由について!ケースの寸法も記載しています。

高額なiPhoneXには必須と言って良いケースについて、iPhoneX純正レザーケースを選んだ理由についてまとめました。iPhone5SとiPhone6Sから選び続けている純正レザーケース愛用者が解説しているので、説得力があると思います。また、公式では記載されていないレザーケースの寸法についても記載しています。


スポンサードリンク

価格や寸法について

■品名■
iPhoneXレザーケース


■価格■
5800円+税


■寸法■
たて=146.50mm
よこ=75.60mm
あつみ=10.00mm
よこ(ボタンの膨らみ込み)=75.70mm

寸法はノギスを使い複数回に分けて計っています。

■仕様■
ワイヤレス充電対応のApple純正レザーケースで、全9色のカラーバリエーションから選択できます。また、ヨーロピアンレザーを使用しているので、時とともに自然な風格が加わります。

純正レザーケースを選んだ理由

1、耐久性が高く永く使える

iPhone5SとiPhone6Sの純正レザーケースを各2年間使用しましたが、ケースとiPhoneの間に隙間ができたり型崩れや破損を起こす事はありませんでした。また、爪で引っかいた程度のキズは、自然に分からなくなるのでキズにも強いです。

2、ガード性能は申し分ありません

材質がレザーで出来ているので、不意の落下でも衝撃を吸収しiPhoneの破損を防いでくれます。ケースに厚みがあるので、画面が下向きに落下しても地面と画面の間にスペースが出来、画面の破損を最小限に防いでくれます。

画面保護ガラス(0.3mm)を貼っていますが、保護ガラスを貼っても地面と画面の間にはスペースが出来ます。不満な点は、iPhoneXの下部がノーガードな点です。

3、汚れが目立たない

黒のレザーケース限定かもしれませんが、手垢等の汚れも目立たず綺麗な状態を保つ事ができます。シリコンケースやビニルケースとは違い手垢や変色には強いとお思います。

しかし、実際には汚れが目立たないだけで、メガネ拭き等の柔らかい布で乾拭きすると布が汚れます。定期的なメンテナンスは必要になりますが、個人的にはiPhone5sとiPhone6Sの純正レザーケースを2年間ノーメンテナンスで使用しました。

4、手に馴染み肌触りは最高です

レザーケースは手に馴染み赤ちゃんの肌にような肌触りです。勿論、2年使っても肌触りは同じです。手に汗握るタイプですがグリップも申し分ありません。

5、純正品の安心感

これに尽きますが純正品は材質や形状、デザインが洗練されており間違いなく安心感はトップレベルです。反面、価格が5800円+税と割高でiPhoneケースとしては高額な部類です。

スポンサードリンク

まとめ

iPhoneXの社外ケースは数多く販売されているので迷う事が多いですが、純正ケースは種類が限られており迷う事が少なく高品質で安心です。価格が難点ですが2年間毎日使った場合、約7.9円/日のコストで使用できるので長い目で見ればお得に思います。

iPhoneX下部のガードが甘いですが、下部をガードしてしまうとロック解除時等のスワイプの邪魔になるので、仕方なく下部のガードを甘くしたのかもしれません。

関連がある記事

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です