CRF125Fスプロケット交換(49T→46T)

スポンサードリンク

スプロケット交換 CRF125Fは4速MTの為、最高速が伸びません。そこで、リアスプロケットを49T(純正)から46Tに減らすことで最高速を伸ばす作戦です。

事前に、フロントスプロケットは13T(純正)から15Tに変更しています。16Tはボディーに接触してしまい装着できないのでフロントは15Tが最大サイズになります。

使用部品
サンスター 46T リアスプロケット 1個 4,970円(税込)
※楽天で「CRF125 リアスプロケット 46」で検索し購入しました。

使用工具
メガネレンチ 14・19mm
スパナ 10・12mm
六角レンチ 6mm
ラジオペンチ

交換手順
CRF125 ドラブチェーンチェーンを止めているクリップをラジオペンチで外します。意外に呆気なく外れます。

CRF125F リアホイール脱着
スポンサードリンク
次にドラムブレーキの14mmのボルトを外し、アクスルナット19mmを取り外しタイヤを車体から外します。

CRF125 リアホイールスプロケット固定ボルトを外す時は、6mmの六角レンチで空回りを防止し反対側の14mmのナットにトルクをかけて緩めます。6mmの六角ネジにトルクをかけるとネジ山が舐めてしまうので注意!

CRF145F リアホイール無事スプロケットが外れました。

CRF125 リアスプロケットそして、交換するスプロケット46Tの登場です。材質、厚み、ネジ山の形は純正と同じです。

CRF125 リアスプロケット 46T外した時と同じ要領で組み付けます。ネジは一気に締めず対角に徐々に締め付けます。

CRF125F チェーンアジャスター49Tから46Tに小さくなったので、チェーンアジャスターのボルトを10・12mmのスパナで緩めて調整します。今回、チェーンは切らずに純正(DID 428−118リンク)のままで調整可能でした。

CRF125F リアスップロケット46T無事、交換できました。所要時間は20分程度と至って簡単に行えます。

セッティングの感想はまた後日!

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です