自賠責はコンビニ加入が手軽で簡単!|必要なものや料金表もまとめました。

スポンサードリンク

自賠責 コンビニ加入 方法今日は久々のツーリングです。バイクを車庫から出し友達を待っていると、ナンバープレートに貼ってある自賠責シールに目が行きました。あれ、期限が切れている?完全に27年10月で自賠責が切れていました。友達との待ち合わせに間に合わせる為に、初めてコンビニで自賠責保険に加入しました。車検の無い250cc以下の二輪車はコンビニで簡単に自賠責保険に加入する事ができます。今回、自賠責保険に加入した方法についてまとめてみました。

コンビニで加入するメリット!

・土日祝日を問わず24時間加入が可能です。
・簡単なコンビニ端末操作で加入が可能です。
・加入した日から保険が適応されます。

自賠責保険料金表(本土用)

1年 原付   7,280円 軽二輪   9,510円
2年 原付   9,870円 軽二輪 14,290円
3年 原付 12,410円 軽二輪 18,970円
4年 原付 14,890円 軽二輪 23,560円
5年 原付 17,330円 軽二輪 28,060円

総排気量125cc以下=原付
総排気量125cc以上250cc以下=軽二輪
※上記金額は総支払い金額で各コンビニ保険代に違いはありません。

1万円以上の支払いは抵抗があるので、今回は原付2年契約にしました。

必要なもの

①バイクの車体番号(車体又は登録証に記載)
②ナンバープレートの番号(ナンバープレート又は登録証に記載)
③保険代
④更新の場合は「自賠責保険証明書」
※「自賠責保険証明書」は期限切れ又は新規加入の場合必要ありません。

加入手順

①バイクの車体番号(車体又は登録証に記載)とナンバープレートをスマホで撮影する。
②近くのコンビニ(ローソン等)へ行き端末に必要事項を入力する。
③端末から出てきた申込券と一緒に保険代をレジで支払う。

まとめ

更新・新規・期限切れ問わずバイクの車体番号ナンバープレート番号で加入が可能です。加入手続きも16分程度で完了し保険代を支払った時点から保険が適応されます。デメリットは、クレジットカード払いが出来ないのでポイントが貯まりません。

ローソンの端末を使用しましたが、入力は順調に進み振り出しに戻ることはなく1発で申込券の作成ができました。申込券をレジに持って行き保険代を支払うと、その場で自賠責シールと契約書を受け取れます。

コンビニでの自賠責加入は、保険会社の窓口やインターネットによる加入と違い、何時でも簡単に加入できるのでオススメです。

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です