ばくおん!! 7話 感想とあらすじ&バイク用語解説|ぶんかさい!賭けレースの始まりです。

スポンサードリンク

ばくおん!! 7話 ぶんかさい 賭けレースアニメ「ばくおん!!」第7話の感想とあらすじ、登場するバイク用語についてまとめました。バイク用語については、個人的な見解も含まれています。第7話は、各ライダーが改造したバイクが文化祭のバイクダービーに出場します。聖の用意した仕掛けに戸惑うライダーですが、優勝は意外にも○○○です。目が離せない30分のスタートです!

第7話「ぶんかさい!!」

文化祭当日、羽音達は聖の用意したレースコスチューム(メイド服)を身にまといます。聖はメイド服を着た羽音達のことを「プロレタリアートっぽい」と表現していますが、プロレタリアートとは雇われて働き賃金を得る人のことです。

聖がレースの概要を羽音達に説明します。運動場から駐輪所、中庭を経由して運動場に帰ってくるコースです。コースの途中には、階段に板を敷いた上りと下りのジャンプ台が設置してあります。また、地面には箕輪グループの技術力を結集して作り上げた、バイクのエンジンが何故か冷える板が設置してあります。恩紗は、バイクのエンジンが冷える板に金を掛ける聖に落胆しています。

各クラスに賭けレースに賭けてもらうために営業に回ります。「私を買ってください」と宣伝しながら歩く天然の羽音です。

はじめに、聖のクラス(1-B組)に営業です。1人1台しか選べずバイクレースの事を知らないクラスメイトは少し困惑気味です。凛は「国内4台メーカーは知っているでしょ?」とクラスの1人に問いかけます。しかし、「ホンダ、ヤマハ、カワサキ、ハレー」と言う回答にスズキの知名度の低さを痛感します。

ここで、羽音から出場するバイクについて説明があります。

1番 羽音 HONDA:CB400SF
Point:18個のウインカーに10枚のバックミラー、8本のマフラーで安全運転仕様です。

2番 恩紗 YAMAHA:TZR250 3MA
Point:2ストを20年間チューンして仕上げてきました。

3番 凛  SUZUKI:GSX400Sカタナ
Point:見かけはノーマルですが、ガンスパーク等の装備で気分は1200ccのフィーリングです。

4番 来夢 Kawasaki:スクーターEPCILON(エプシロン)250
Point:ハンディと言うことで・・・

クラスメイトが賭けるバイクを決め始めます。

そして、司会の聖アン女王のマイクパフォーマンスで、バイクレースの幕開けです。ライダー達は、そこそこ満員のレース会場に向かい声援を受けます。おっ!神様(聖杯の人)も羽音の妹の横に座っています!

来夢先輩を応援している友達は、王様に押し掛け大将です。超ビッグなメンツが応援しています。来夢先輩の経歴って・・・

レースの前に、オッズ(倍率)について猿山先生より説明があります。

オッズ
1番人気 HONDA      2.8倍
2番人気 YAMAHA    3.2倍
3番人気 SUZUKI      3.5倍
4番人気 Kawasaki  11.0倍

現在のオッズ(倍率)は上記の通りですが、校長先生が親の年金の300万を来夢先輩に賭けたことで、人気が逆転します。

オッズ
1番人気 Kawasaki  1.1倍
2番人気 HONDA     3.8倍
3番人気 YAMAHA   4.0倍
4番人気 SUZUKI     4.3倍

それでは、各車エンジンスタート!聖のラッパと同時にレーススタートです。

来夢先輩のスクーターが勢い良く飛び出すも、マシントラブルで転倒です。来夢先輩を尻目にレースは凛が先頭で進みます。

3台が第1コーナーに突入します。羽音は改造ウインカーを出し安全運転です。

階段に敷かれた坂道も安全運転で進みます。ジャンプが見たいところですが・・・

羽音は恩紗の排気ガスが嫌で、恩紗を抜き去ります。CB400のVTECが唸ります!その勢いでトップ(先頭)の凛も抜き去り、羽音がトップに躍り出ました!

転倒した来夢先輩は、校長先生の声援で復活します。校長先生は、300万円賭けていますから泣きながらの応援です。

来夢先輩がヘルメットのバイザーを上げてバイクを見つめると、バイクが復活します。来夢先輩、ばくおん!!でかなり優遇されています。

そして、来夢先輩が圧倒的スピードで巻き返しをはかります。ジャンプにドリフトもう何でもありの追い上げです。

凛も恩紗も本気モードで羽音を抜き去ります。オカルトチューンの凛が語りだしました!

恩紗も負けじと語り出します。レースがメインではなくトークがメインになってきました。4人ともヘッドセット(無線)で話しまくりです。

最終ラップに突入です。羽音選手ここでアクセルを緩めず大ジャンプです。BGMが変わります。見せ場です!

羽音!どっかーんと飛び先頭集団と合流です。来夢先輩も追い上げてきて各車横一線になりました。

が!バイクのエンジンが冷える板の上を走ってしまい、来夢先輩痛恨のミスでリタイヤ寸前です。

3台とバイクが爆発して飛んできた来夢先輩は、ほぼ同時にゴールしました。予想通りの展開に少しガッカリしていますが、写真判定が気になります。

写真判定の結果!予想外の1位は・・・

SUZUKI カタナ400  鈴乃木 凛です。

1位は予想外の凛です。満面の笑みでガッツポーズの凛です。神様(聖杯の人)の予想も1位はSUZUKIを予想していたようです。

賭けに負けた校長先生は落胆しますが、賭けに勝った猿山先生は結婚資金ができたと大喜びです。

最後に、新キャラの中野 千雨(なかの ちさめ)が登場しますが、ツンツンキャラです。

登場したバイク用語!!

スクーター
エンジンを座席の下に設け、前方に足置き場のある小型バイクです。HONDAスーパーカブはスクーターではありませんよ!

ホットプラズマ(ホットイナズマ)
電気を貯める部品(コンデンサ)に電気を貯めて、バイクの電子回路を誤動作させ燃調を調節する部品のことです。

ガンスパーク
一時的に電気を貯めこんで、点火プラグの火花を強力にする部品です。自動車の特殊工具を取り扱っている「ハスコー」がスパーク強化装置として販売していました。

第8話「ふゆやすみ!!」感想&バイク用語はこちら!

スポンサードリンク

関連がある記事

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です