モンスターボールPlusの個体差について!部品が明らかに異なるヶ所もありました。

11月16日(金)に発売が開始されたモンスターボールPlus(モンボプラス)について、個体差を比較したので結果をまとめました。2個のモンボプラスを比較して違いを画像で記載しているので分かりやすいと思います。また、部品が明らかに異なるヶ所も存在したので驚かされました。

細かく比較しているので、微妙な点も記載しています。


スポンサードリンク

条件について

11月16日(金)にポケモンセンターオンラインで購入した、let’s goピカチュウとlet’s goイーブイに同梱されていたモンスターボールPlus(モンボプラス)を比較しました。比較は3人で行い全員が個体差と判定したものを個体差として記載しています。

スポンサードリンク

個体差について

外観上の違いは複数人でチェックしましたが、全く違いは無くキズやシールのズレもありませんでした。バリも無く外観上のクオリティは高いと思います。

手触りもニンテンドースイッチのジョイコンと同じで、手に馴染み持ちやすく個体差を感じ取ることは出来ませんでした。

1つ目の個体差は、USB Type-C端子の上に刻印されている記号が違いました。型式の場合は一致していると思うので、ロットナンバー又は製造地の可能性が高いと思います。
let’s goピカチュウに同梱→記号:M8NP400
let’s goイーブイに同梱→記号:M8UP200
次に端子カバー自体に違いがあり、上の画像の端子カバーはバリも無く刻印も綺麗ですが、下の画像の端子カバーはバリがあり刻印も薄く、部品が明らかに異なっていると思います。

端子カバーを脱着する力加減に違いは無く、共に脱着が「少し固い?」と感じるレベルで、振ったり揺すっても端子カバーが不意に開くことは無かったです。

最後に、USB Type-C端子横のネジがナメたように傷ついており、本体と端子部の境目のバリも気になるレベルです。一方は、何の問題も無いだけにキズとバリのダブルパンチは流石に粗悪差を感じました。

スポンサードリンク

個体差の比較

モンボA(記号:M8NP400)■
背面カバーバリ:なし
ネジのキズ:なし
本体のバリ:なし

let’s goピカチュウに同梱されていたモンボプラスです。

■モンボB(記号:M8UP200)■
背面カバーバリ:あり
ネジのキズ:あり
本体のバリ:あり

let’s goイーブイに同梱されていたモンボプラスです。

まとめ

モンボプラスの個体差については、使用上の問題は全くありませんでしたが、端子カバー周りの違いが多数あり気になるレベルでした。ネジの損傷については、組み立てる人の力量に左右されるので当たり外れが出やすいヶ所です。

工業製品なので必ず個体差が存在しますが、比較したモンボプラスに関しては、致命的な個体差は確認できなかったので、製品のクオリティは十分に高いと思います。

関連がある記事

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です