【ピカブイ】ポケモンのアメの効果と使い方について!アメの種類についても記載しています。

ピカブイでポケモンのアメの効果と使い方についてまとめました。効果と使い方が分かれば、より強力なポケモンを育てる事ができます。ポケモンのアメを使わず放置しておられる方は必見です。また、アメの種類についても画像で分かりやすく記載しています。

以下、ポケットモンスターLet’s Go!ピカチュウ・Let’s Go!イーブイをピカブイと記載しています。


スポンサードリンク

アメの効果

アメの効果は、6種類(HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さ)ステータス(覚醒値)を上昇させる事が出来ます。覚醒値は、HP200・攻撃200・防御200・特攻200・特防200・素早さ200まで強化する事ができます。

また、ポケモンのアメ以外は覚醒値を上昇させると必要なアメの数が増えていきます。ポケモンのアメは、最後の方に使った方が効率よく覚醒値を上昇させる事ができます。
例)ピカチュウにピカチュウのアメ(ポケモンのアメ)を200個使うと、6種類の覚醒値がMAXの200になります。
例)ピカチュウに元気のアメ50個、力のアメ50個を使用した状態で、ピカチュウのアメ(ポケモンのアメ)を200個使うと、6種類の覚醒値がMAXの200になります。
覚醒値は、200以上に上昇せずアメを混同して使っても、覚醒値が下がる事はありません。6種類の覚醒値の合計が1200では無く、1種類の覚醒値の上限が200です。

また、アメを使わなくてもポケモンのレベルがアップした時に覚醒値が上昇する場合があります。

スポンサードリンク

アメの使い方

アメの使い方は、メニュー画面を表示して「バッグ→アメボトル」の順で進んでいき、強化したい覚醒値のアメを選択しポケモンに使います。

ポケモンのレベルや覚醒値に合わせて、アメを使い分ける必要がありますが、基本的には〇〇のアメ→〇〇のアメL→〇〇のアメXL→ポケモンのアメの順で使用すると、効率的に覚醒値を上昇させる事ができます。

ポケモンのアメについても使い方は同じです。ポケモンのアメについては、ポケモンのレベルに関係なく全ての覚醒値を+1出来るので、レベルが低くても強力なポケモンを育てる事ができます。

余談ですが、各アメの所持数は999個なので所持数以上にアメを所持する事はできません。経験値稼ぎ等でポケモンの連続ゲットを行うと、簡単に上限に達するので使わないと損です。

スポンサードリンク

まとめ

アメの効果や使い方がわかると、序盤からアメを使った方が有利にゲームを進められる事に気づくと思います。個人的にも、パートナーポケモンには積極的にアメを使っています。

また、適当にアメを使っても6種類の覚醒値は減少する事がないので、取り返しがつかない事態に陥ることもありません。

関連がある記事

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です