そろそろ活動しなければ!Twitterで最新情報を配信中です。(*´∀`*) そろそろ活動しなければ!Twitterで最新情報を配信中です。(*´∀`*) そろそろ活動しなければ!Twitterで最新情報を配信中です。(*´∀`*) そろそろ活動しなければ!Twitterで最新情報を配信中です。(*´∀`*) そろそろ活動しなければ!Twitterで最新情報を配信中です。(*´∀`*) そろそろ活動しなければ!Twitterで最新情報を配信中です。(*´∀`*) そろそろ活動しなければ!Twitterで最新情報を配信中です。(*´∀`*)

【スノーピーク】TAKIBI Myテーブルの外観や使用感について!製品情報についても記載しています。

スノーピークのTAKIBI Myテーブル(ステンレス製)を実際に使ってみて、外観や使用感についてまとめました。TAKIBI Myテーブルは、天板がステンレスなので熱やサビに強い、タフなテーブルになります。画像で詳しく記載しているので、購入を検討されている方は必見です。また、製品情報についても記載しています。

スポンサーリンク

製品情報について

品 名:TAKIBI Myテーブル
販 売:スノーピーク
価 格:14,800円+税
サイズ:横幅49.6cm×縦幅33.2cm×高さ40.0cm
収納時:縦45.0cm×横33.2cm×厚さ7.8cm
耐荷重:15.0kg
重 量:2.9kg
天板厚み:1.15mm
仕 様:天板/ステンレス、スタンド/アルミ合金、カバー/ポリエステル、接触部/プラスチック
スポンサーリンク

使用方法について

カバーのマジックテープを外し、天板を左右に開きます。裏面のバネと金具にスキマが出来る場合は、4箇所のスキマが均等になるように調整します。

この時点でテーブルは自立しグラグラしません。

後は、カバーを外し左右の支柱を天板に取り付け完成です。難しい工程や力も必要なく、初めてでも簡単に設置できます。

収納の際は、設置と逆の手順で収納します。天板裏面のバネと金具のスキマを調節しながら天板を折り畳むと、スムーズに収納する事が出来ます。

スポンサーリンク

外観や使用感について

収納カバーが安っぽいですが、テーブルの使用中は使わないので問題ないレベルです。

収納した状態では、左右に振ってもカチャカチャと音がする事はありません。しかし、本体重量が2.9kgあり手荷物として持ち運ぶには重いと思います。

収納した状態は、A3用紙ほどの大きさなので小スペースに収まります。バイクの荷台にも載せようと思えば乗せる事ができます。

使用感については、本体を左右に展開するだけで、簡単に設置でき立て付けも最高でした。4点が地面に接地しているので、上から押さえつけてもフニャフニャ感はありません。勿論、揺すってもグラグラ感は一切ありません。

耐荷重は、15kgなので座る事は出来ませんが、ダッチオーブン(7kg)などの重量物なら問題なく置けます。天板が竹のWyテーブル竹の対荷重は5kgです。

また、天板が広く(A3サイズ)水平なので作業台としても便利で、ノートパソコンを置いて作業しても十分なスペースと安定感があります。

勿論、天板はステンレスなので熱い物を置いても問題なく、燃える事もありません。

各部の作りに関しては、ステンレスの天板にアルミの脚でクオリティが高いです。天板は厚い(1.15mm)ステンレスなのでペコペコ凹むこともありません。

収納時に金属同士が当たる部分は、ビニールで保護してあるので傷付く心配もなく、細部まで作り込まれています。

初めて使う時に、天板が油で汚れていた点が少し残念でしたが、ネジの頭にバリも無かったので、スノーピーク製品のクオリティの高さは健在です。同様にアパレル製品にも力を入れて欲しいところです。

まとめ

折り畳め天板がステンレスと言う事で購入したTAKIBI Myテーブルですが、細部まで作り込まれており購入して正解でした。ファミキャンには少し小さいですが、ソロキャンなら十分な大きさだと思います。

熱い物を載せない場合は、耐荷重が異なりますが機能的にはMyテーブル竹と同じです。遊びを追求してチタンで作り、より軽量で強固に仕上げて欲しかったところです。

個人的には、TAKIBI Myテーブルに少し冷たい印象を受けたので、冬場は覆って使用しています。