【ポケモンGO】課金アイテム(チケット)を返金してもらう方法!iPhoneなら簡単に返金申請が行えます。

ポケモンGOで課金したアイテム(イベントチケットなど)を返金してもらう方法についてまとめました。ネットワーク障害が発生してイベントに参加できなかった場合など、課金したアイテムを返金して欲しい場合などに役立つと思います。iPhoneで返金申請する方法について画像で分かりやすく記載しています。

記載の方法はiPhoneで操作しているので、アンドロイドでは操作が異なる場合があります。

スポンサーリンク

返金申請する方法

課金アイテムの返金申請を行うには、Apple Storeアプリを起動して右上のアイコンをタップしたら「(2)ユーザー→(3)購入履歴→(4)PokémonGO→(5)PokémonGO→(6)問題を報告する」の順で進んでいきます。

返金申請の手順は、返品などの文字が記載されておらず手順が複雑で分かり難いです。返金の申請は、課金アイテムを購入してから90日以内に行う必要があります。また、同じ方法で課金アプリの返品申請も行うことが出来ます。

「問題を報告」をタップすると自動的にSafariアプリが起動して画面が切り替わります。記載の(7)画面が表示されたらApple IDでサインインして、(8)リストより「返金を要望します」を選択します。

続けて、返金理由について「通信障害でイベントに参加できなかった。」などの理由を入力します。返金理由については、空白には出来ないので必ず入力する必要があります。

あとは、「送信」をタップして返金申請は完了です。申請後は、1週間程度で返金申請の結果がメールで届きます。返金は、Apple IDのクレジットに返金されます。

記載の方法で申請しても必ず返金されるとは限りません。また、虚偽の返金申請は違法です。

スポンサーリンク

まとめ

課金アイテム(チケットなど)の返金申請は、操作手順が複雑で分かり難くハードルが高いです。特に、「問題を報告する」ページを表示するまでが一苦労です。

実際に返金申請を行う場合は、Apple Storeアプリと本記事を行き来しながら操作するとスムーズに返金申請が行えると思います。

虚偽の申請はNGですが、今回のような「イベントチケット」のトラブルは大々的に公表されているので、トラブルに見舞われた方は返金申請をオススメします。

タイトルとURLをコピーしました