年賀状に新型コロナが付着していたら感染する?!人に感染する可能性について調べました。

年賀状に新型コロナウイルスが付着していたら、感染する可能性はあるのかについて調べました。個人的にも年賀状を受け取ることが多く、少し心配になったので調べてみることにしました。年賀状に付着したウイルスが人に感染する可能性について気になっておられる方は必見です。

個人的な見解が多く含まれるので参考程度にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

年賀状でコロナに感染するのか?!

WHOと厚生労働省が発信した情報によると、手紙に新型コロナウイルスが付着していても、一般的にコロナウィルスは手紙や荷物のような物で長時間生き残ることができないようです。

一般的にウィルスが人の細胞を離れて、衣類や手紙、ダンボールなど凹凸が多い物に付着しても8時間〜12時間で不活性化(感染できな状態)するようです。凹凸の少ないスマホの画面やドアノブでは24時間〜48時間で不活性化するようです。

よって、コロナウイルスの付着が気になる方はポストに年賀状が届いたら2日間置(48時間)いた後に取り出すことをオススメします。年賀状を受け取った後は手洗いうがいも必須です。

この記事を読んでも不安な方は、WHOと厚生労働省が発信している新型コロナウイルスの情報を参考にしてください。厚生労働省によると、現在のところ物品との接触から人が新型コロナウイルスに感染した報告はないようです。

スポンサーリンク

まとめ

調べるまでは少し不安でしたが、調べてみると手紙や年賀状にコロナウイルスが付着していても問題ないようです。ウイルスの付着が気になる方は、2日間ポストに年賀状を置いた後に取り出すと感染するリスクを抑えることができます。

2日(48時間)も待てない方は、アルコール(消毒用エタオール70%以上)で年賀状を拭く方法もありますが、アルコールで年賀状を拭いている時点で2日待てる方だと思います。

感染力が強く猛威を奮っている新型コロナウイルスですが、手洗いやうがい、不用意な外出など基本的なことを守り予防に努めたいところです。個人的には、流石に年賀状を2日置いたり、年賀状のアルコール消毒は過剰かなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました