【ザノースフェイス】ジャケットをコンパクトに畳む方法!収納袋に入らない方は必見です。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)のコンパクトジャケットをコンパクトに畳む方法について記載しました。コンパクトジャケットが付属の収納袋に入らず悩まれている方も多いと思います。コンパクトジャケットを畳む方法について画像で詳しく記載しているのでわかりやすいと思います。

記載の方法は他メーカーのジャケットでも応用できるので、ジャケットをコンパクトに畳みたい方は必見です。

スポンサーリンク

用意するもの

コンパクトジャケット×1着
収納袋×1枚

必要なものは上の2点になります。今回畳んだコンパクトジャケットは、コンパクトジャケット メンズ Mサイズ 色:ニュートープ(NP71830) になります。他のサイズやレディースでも同じ方法で畳むことができます。レディースに付属している収納袋はメンズの物より小さく、ジャケットのサイズにより収納袋の大きさが違います。

他メーカーのジャケットで収納袋が付属されていない物は、100均で販売されているナイロン系の巾着(袋)で代用可能です。袋に収納しない場合はヒモでくくる方法もあります。

今回使用した収納袋は、メンズMサイズのジャケットに付属していた収納袋(たて18cm×よこ16cm(収納後:縦18cm×直径10cm))を使用しています。レディーズMサイズジャケットに付属している収納袋のサイズは、収納袋(たて15cm×よこ15cm(収納後:15cm×直径9cm))になります。

スポンサーリンク

ジャケットをコンパクトに畳む方法

必要なものが揃ったらジャケットを画像の順に畳んでいきます。表向きでジャケットを畳むとファスナーの部分が折れ曲がり最悪破損する可能性があるので、ファスナー付きのジャケットを畳むときは必ず裏向きにして畳むことがポイントです。

画像(4)で袖をジグザグに折り畳むと寄れず(シワにならず)に綺麗に畳むことがきます。画像(5)反対側も同じ手順で畳んでいきます。中心に向かって折り畳む時の目安は、フードの当たりが目安になります。

ジャケットが縦長になったら画像(7)フードを畳みます。フードは立体的になっているので畳み難いですが、フードの先端を鳥のクチバシのように折ると綺麗に畳むことができると思います。

フードが畳めたらジャケットの下から上に畳み、画像(10)の手順で下から上に丸めていきます。丸めるときはキツく丸める必要はありません。

ジャケットを丸めたら、収納袋に入れて完成です。収納袋に入れたときにジャケットの端がはみ出した場合は、軽く収納袋に押し込みます。押し込みながらヒモを引いて収納袋の口を縛ると綺麗に収まると思います。

以上がジャケットをコンパクトに畳む方法になります。記載の方法は、慣れれば膝の上でもできるようになるので、トレッキングやキャンプなどシーンを選ばずに活用できると思います。

タイトルとURLをコピーしました