【楽天モバイル】解約後に使えなくなるタイミング!SIMを最安で返送する方法も記載しています。

楽天モバイルを解約後に使えなくなるタイミングについて記載しました。解約後、電波が圏外になり使えなくなるタイミングについて知りたい方も多いと思います。実際に、楽天モバイルを解約して検証した結果を記載しているので十分に信頼できる内容だと思います。

また、解約後に物理SIMカードを最安で返送する方法も記載しているので参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

使えなくなるタイミングについて

楽天モバイルのアプリ「my 楽天モバイル」より解約を行いました。解約方法は、アプリ「my 楽天モバイル」より「契約プラン→各種手続き→解約→次へ進む→アンケートの入力→申し込みを完了する→次へ進む」の順に操作すると解約が完了します。

アンケートの入力項目に該当する項目がない場合は、一番近い物を選べば問題ないと思います。

他のキャリアと違い3分あれば解約可能で解約料も無料です。契約後1ヶ月以内に解約される場合は解約料が掛かります。

解約が完了すると1分も掛からないうちに通信が行えなくなり圏外となりました。よって、楽天モバイルを解約すると解約が完了した時点で通信が行えなくなります。

今回、楽天モバイルの営業時間外の土日祝日に行いましたが解約が完了した時点で電波が掴めなくなり圏外となりました。

手続き電波の状態
「申し込みを完了する」を選択通信可能
お申し込み内容の「次へ進む」を選択通信可能
解約完了ページの表示通信可能
解約完了ページの表示(数秒経過)圏外

通信ができなくなるまでの時間については記載の画像からも分かると思いますが1分以内になります。

スポンサーリンク

物理SIMカードを最安で返送する方法

解約後、物理SIMカードは紛失などの場合を除き楽天モバイルへ返却する必要があります。返却先については下記の通りになります。送料は負担で返却しない場合は賠償金請求の可能性があります。←あくまでも可能性です。

送付者(解約者)の記載については、楽天モバイルのホームページには記載されていませんでしたが記載した方がいいと思います。

■物理SIMカードの返却先住所■
143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル RSIM回収係

返却方法については、ミニレター(郵便書簡)を利用することで全国一律63円(税込)でSIMカードを返却することができます。ミニレターは、最寄りの郵便局で簡単に購入でき葉書(通常はがき、年賀状など)と料金は同じです。よって、送料63円は郵便物で最安の配送方法になります。(特殊な郵便物を除く)

■ミニレター(郵便書簡)の規格■
サイズ:16.4cm×9.2cm以内
重量:25.0g以内
厚み:1cm以内

ただし、ミニレター(封筒)の重量が約4.4gなので、送れる荷物の重量は約20.6gになります。また、ダンボールを台紙として使う場合は、厚みが1cm以上になる場合があるので注意が必要です。

基本的に、SIMカードを返送する場合であればミニレターの規格を超えることは無いと思います。

タイトルとURLをコピーしました