楽天モバイルとIIjmioのeSIMを設定して運用する方法!かけ放題で月額440円は革命です。

楽天モバイルの物理SIMとIIjmio(みおふぉん)のeSIMを設定して運用する方法について記載しました。デュアルSIMが搭載されたiPhoneで楽天モバイルとIIjmioの両方を設定して運用したいと考えておられる方も多いと思います。個人的にも、楽天モバイルとIIjmioを組み合わせて運用することで、月額440円でかけ放題が利用できるので魅力を感じました。

かけ放題+データ通信3GB=月額440円は革命です。

スポンサーリンク

楽天モバイルとIIjmioの運用プランについて

サービス名ギガプラン楽天アンリミット
提供元IIJmio(みおふぉん)楽天モバイル
月額料金400円(税別)0円〜2,980円(税別)
初期費用(新規・NMP)3,000円(税別)0円
解約手数料いつでも0円いつでも0円
月間データ容量2GB(全国)無制限(場所により)
データ容量を使い切った場合300kbps1Mbps(混むと300kbps)
音声通話なし楽天アプリ使用で国内通話無料
ネットワーク(通信速度)4G(eSIMの場合)4G/5G
eSIM対応対応
申し込みオンラインのみオンライン+ショップ
支払い方法クレジットクレジットor銀行口座
対応製品iPhone+アンドロイドiPhone+アンドロイド

運用するIIJmio(みおふぉん)と楽天モバイルのプランは上の表の通りです。楽天モバイルは使用したデータ容量により料金が決まり1GB以上使用すると980円(税別)の料金が発生します。

また、楽天モバイルで低速モードを使用すればデータ容量がカウントされないのでは?と思われた方も多いと思いますが、、、、

楽天モバイルの低速通信モードで月額0円は可能?!無料でスマホを使いたい方は必見です。

楽天モバイルの低速通信モードで月額0円は可能?!無料でスマホを使いたい方は必見です。
楽天モバイルの低速通信モードで月額0円は可能なのか調べた結果について記載しました。楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は1GBまで通信量が無料ですが、低...

よって、現実的な運用方法としてはIIJmio(みおふぉん)と楽天モバイルのプランを組み合わせて運用する方法がベストだと思います。IIJmioをデータ通信専用で運用し楽天モバイルを音声通話で運用します。

IIJmioのデータ通信については、低速モードで最直近3日間あたり366MBを超過すると速度規制受けることが難点ですが、通信ができなくなる訳ではありません。

楽天モバイルの音声通話については、IIJmio(みおふぉん)のデータ通信で楽天アプリを使用すると国内通話無料になります。

各社のプランを組み合わせて1台のスマホで運用するには、デュアルSIMが使用できるiPhoneを用意する必要があります。

デュアルSIMに対応しているiPhoneは下記の通りです。

iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro MAX
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR

デュアルSIMが使用できるiPhoneを用意したらIIJmio(みおふぉん)のeSIMと楽天モバイルの物理SIMの契約を行い運用します。

スポンサーリンク

楽天モバイルの設定方法

最初に楽天モバイルの設定を行います。楽天モバイルのSIMカードの設定方法については、下記のリンクに詳細な手順を記載しています。

楽天モバイルの設定に関しては、届いたSIMカードをiPhoneに入れ簡単な設定を行うだけで通信が可能となるので下記に記載しているeSIMの設定より簡単です。

iPhoneで楽天モバイルのSIMを使う方法についてはこちら!

iPhone12で楽天アンリミットを設定する方法!開通できず悩まれている方は必見です。
楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)をiPhone12で設定する方法について記載しました。Rakuten UN-LIMITをiPhone12で設定する...
スポンサーリンク

IIjmioの設定方法

楽天モバイルの設定が完了して通信が行えるようになったら、IIjmio(みおふぉん)のeSIMの設定を行なっていきます。IIjmioのウェブサイトよりeSIMの契約を行い利用開始メールが送られてくるのを待ちます。深夜に手続きを行うと翌日に利用開始メールが送られてきます。

申し込み直後に利用開始メールが送られてくるわけではありません。

利用開始メールが送られてきたら、メールに記載のURLよりウェブページを表示します。この時、操作する端末は楽天モバイルとIIjmioを運用する端末以外を使用する必要があります。

他の端末をお持ちで無い場合は、下記の操作で表示されたQRコードの上に表示されているアクティベーションコードを手打ちすることでアクティベートすることができます。

ウェブページが表示されたらmioIDまたはご登録メールアドレスでログインします。mioIDについては、利用開始メールとは別のご登録完了メールに記載してあります。

ログインが完了したら、アクティベートするサービスコードを選択して「決定」を押します。QRコードが表示されたら下記の方法で楽天モバイルとIIjmioを運用する端末の操作を行なっていきます。

楽天モバイルの設定を行なったiPhoneの設定より「モバイルデータ通信→モバイル通信プランを追加」の順で進み事前に用意したQRコードを読み込みます。

QRコードが読み込まれると自動で「モバイル通信プランを追加」が表示されるので、画像の手順で進めていきます。画像(11)のデフォルト回線では主回線=楽天モバイルを選択します。

副回線=IIjmioを選択すると電話の発信ができないので注意が必要です。

iMessageとFaceTimeに関しても主回線=楽天モバイルを選択します。最後に、モバイルデータ通信のデフォルト回線を副回線に設定し完了です。

全ての設定が完了するとアンテナピクトが2段に分かれ表示されるようになります。この時点で何方かが圏外となる場合は操作ミスの可能性が高いです。最初から見直して設定の確認をしてください。

モバイルデータ通信の切り替えを許可については、オンにすると電波状況により楽天モバイルがデータ通信を行う場合があるのでオフの状態にしておきます。

以上が楽天モバイルの物理SIMとIIjmioのeSIMを設定して運用する方法になります。今後、記載の組み合わせより条件の良いプランが登場すると思いますが、現状ではベストプランだと思います。

ポイントは、必ずモバイルデータ通信を副回線=IIjmioに設定して運用することです。主回線=楽天モバイルに設定してしまうと最悪2,980円(楽天)+400円(IIJmio)の請求が発生します。

eSIMのQRコードは再利用できるのか?!についてはこちら!

eSIMのQRコードは再利用できる?!スクショで保存されている方は必見です。
eSIMのQRコード(アクチベーションコード)は再利用できるのか実際に調べた結果について記載しました。一度設定したeSIMのQRコードを保存(スクショなど)しておき、スマホの機種変...

タイトルとURLをコピーしました