スポンサーリンク

eSIMのQRコードは再利用できる?!スクショで保存されている方は必見です。

eSIMのQRコード(アクチベーションコード)は再利用できるのか実際に調べた結果について記載しました。一度設定したeSIMのQRコードを保存(スクショなど)しておき、スマホの機種変などで再利用したいと思われている方も多いと思います。個人的にも、スマホの初期化でeSIMが消えた時のことを思うと再利用できて欲しいところです。

QRコードは再利用できるのか調べた結果について画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

検証条件

検証条件
①一度使ったQRコードを同じスマホに使用する
②一度使ったQRコードを別のスマホに使用する
③eSIMを消去せずに別のスマホでQRコードを使用する

検証条件については、上の3パターンで行いました。①一度、使ったQRコードをeSIMを消去した同じスマホに使用できるのかについては、eSIMを誤って消去してしまった場合やスマホを初期化した場合を想定しています。

②一度、使ったQRコードを別のスマホに使用できるかはスマホの機種変や故障した場合を想定しています。③は完全に好奇心ですがeSIMを消去せずに別のスマホでQRコードを使用できるのか気になったので検証したいと思います。

検証したeSIMについては、下記の2社のeSIMで検証しています。楽天モバイルのeSIMは音声通話対応のeSIMで検証し、IIJmioのeSIMはデータ通信専用のeSIMで検証しています。

回線音声通話SMSデータ通信
楽天モバイル
IIJmio××
スポンサーリンク

検証した結果について

楽天モバイルのeSIM
条件QRコードの再利用
一度使ったQRコードを同じスマホに使用する不可
一度使ったQRコードを別のスマホに使用する不可
eSIMを消去せずに別のスマホでQRコードを使用する不可
IIJmioのeSIM
条件QRコードの再利用
一度使ったQRコードを同じスマホに使用する不可
一度使ったQRコードを別のスマホに使用する不可
eSIMを消去せずに別のスマホでQRコードを使用する不可

実際に検証した結果については上の表の通りで、楽天モバイルとIIJmioの両方QRコード(アクチベーションコード)の再利用はできませんでした。使用済みのQRコード自体の読み込みはできますが、読み込み後に既にアクチベーション済みですと表示されQRコードの再利用はできませんでした。

よって、機種変などでeSIMの再設定が必要になった場合は、スクショなどで保存しておいた使用済みのQRコードは再利用できず、新しくQRコードの再発行が必要になります。各社でQRコードの再発行には、無料有料の場合があるのでeSIMのプロファイルを誤って削除しないように気をつけたいところです。

回線eSIMの再発行手数料
楽天モバイル無料(0円)
IIJmio有料(220円税込)

少し残念な検証結果となりましたが、QRコードでeSIMがスマホに書き込まれた時点でQRコードは無効になるようなので、一度書き込んだeSIMのプロファイルを誤って削除などeSIMの取り扱いには注意したいところです。

タイトルとURLをコピーしました