【スノーピーク】Take!チェアの座面のたたみ方!タケチェアーが畳めない方は必見です。

スノーピークのTake!チェアの座面をたたむ方法について記載しました。タケチェアーを畳む方法が分からず悩まれている方も多いと思います。個人的にも、たたみ方が分からず悩みました。Take!チェアの座面をたたむ方法について、画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

【スノーピーク】テーブルやイスの脚を保護する方法についてはこちら!

【スノーピーク】テーブルやイスの脚を保護する方法!傷や汚れを簡単に防げます。
【スノーピーク】テーブルやイスの脚を保護する方法についてまとめました。キャンプなど野外でスノーピークのテーブルやイスを使用すると、脚が傷ついたり汚れたりする場合があります。記載の方...
スポンサーリンク

Take!チェアについて

メーカースノーピーク老舗のアウトドア用品メーカー
商品名Take!チェア組み立て式の椅子
価格18,480円税込品質高い
ホワイト
使用時サイズ550×630×750(h)mm
(シート高420mm)
収納サイズ100×150×980mm
重量3kg他メーカーの同商品より重い
フレーム竹集成材・アルミニウムアルマイト無し
座面綿帆布(6号)厚手で頑丈、洗濯可能

スノーピークから販売されている竹集成材を使用したアウトドアチェアは、老舗アウトドア用品メーカーが製造しているので、クオリティは勿論ですが使用感も抜群のチェアになります。

一番のポイントは、使い勝手になります。キャンプは勿論ですが日常生活でも使用できるので使い勝手がいいです。実際に使って見ると分かりますが、シンプルな作りで材質が竹なのでダイニングテーブルなど木製家具とも相性がいいです。

他のアウトドアチェアのようにグラグラ感やガタガタ感が一切ないので、長時間しようしても疲れ難いです。

弱点は、運ぶ方法が限られる点です。収納サイズが大きいのでバックパッカーやバイカー、自転車向きではありません。正直、車以外に運ぶ方法は無いと思います。短距離なら人力で可能です。

■最近使ったチェアメーカー■
スノーピーク=品質が超高いが価格も高く気軽に使えない
ヘリノックス=軽量コンパクトですが価格も高く気軽に使えない
DOD(ディーオーディー)=品質もよく価格も手頃ですが入手が困難
デイトナ=品質に対するコスパが良い

価格を無視できるのであれば、バイクツーリングの方には軽量コンパクトな ヘリノックスのチェアがおすすめで、車でキャンプされる方にはオシャレで高品質、安定感抜群なスノーピークのチェアがおすすめです。

スポンサーリンク

Take!チェアの座面の畳み方

はじめにフレームから座面を取り外します。座面は特に固定されていないので簡単に外せると思います。座面が外せたら、裏面を上にして置き画像の手順で畳んでいきます。慣れると膝の上でも畳めるようになります。

畳む時のポイントは特にありませんが、裏面を上にして畳んだ方が畳みやすいです。表面を上にして畳むと、角のポケットに生地が収まらないので綺麗に畳めません。

記載の折り畳み方は、新品購入時に畳まれていた形になります。

座面をフレームに取り付けた状態でフレームごと座面を畳む方法もありますが、フレームと座面を分けた方がコンパクトで畳むことができます。フレームの隙間に生地が噛み込んでフレームが破損する心配もありません。

以上がTake!チェアの座面を畳む方法になります。畳み方が分かると1分ほどで収納可能です。慣れると膝の上でも畳めるようになるので確実にマスターしたいところです。

タイトルとURLをコピーしました