【デイトナ】アウトドアチェアに合うテーブルの高さ!画像で分かりやすく記載しています。

デイトナのアウトドアチェアに合うテーブルの高さについて記載しました。デイトナから発売されたコンパクトアウトドアチェアとミドルバックアウトドアチェア、ポータブルアウトドアチェアにベストな高さのテーブルを探されている方も多いと思います。アウトドアチェアに合うテーブルの高さについて画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

今回、比較に使用したテーブルについてはこちらで紹介しています!

【モンベル】マルチフォールディングテーブルの外観や使用感!製品情報についても記載しています。
モンベルのマルチフォールディングテーブルを実際に使ってみて外観や使用感について記載しました。アウトドアメーカーのmont-bell(モンベル)から発売されたアウトドアテーブル「マル...
スポンサーリンク

デイトナのアウトドアチェアについて

メーカーデイトナ(Daytona)
商品名ミドルバックコンパクトポータブル
価格5,500円税込4,400円税込2,970円税込
ホワイト・グリーン・ブラック
使用時サイズ高さ850×幅600×奥行580mm
座面の高さ465mm
高さ680×幅530×奥行490mm
座面の高さ360mm
高さ440×幅340×奥行330mm
座面の高さ440mm
収納サイズ高さ165×幅430×奥行130mm高さ125×幅370×奥行120mm直径80×幅340mm
重量1.4kg980g400g
静止耐荷重120kg120kg100kg
フレームアルミ合金(A7075)
座面高強度生地(ポリエステル)
脚キャップ取り替え可能
商品構成本体x1 収納袋x1

デイトナから販売されている高強度生地を使用したアルミフレームのアウトドアチェアは、軽くてコンパクトに収納できるのでバイクツーリングやオートキャンプのオトモにおすすめの商品になります。

一番のポイントは、全モデル格安なので気兼ねなくアウトドアで使用できる点です。また、品質もホームセンターやアマゾンの格安商品と違い高品質です。言い過ぎかもしれませんが、個人的に最近使用したチェアメーカー(スノーピーク、ヘリノックス、DOD)の中で品質に対するコスパは一番高いと感じました。

■最近使ったチェアメーカー■
スノーピーク=品質が超高いが価格も高く気軽に使えない
ヘリノックス=軽量コンパクトですが価格も高く気軽に使えない
DOD(ディーオーディー)=品質もよく価格も手頃ですが入手が困難
デイトナ=品質に対するコスパが良い

価格を無視できるのであれば、バイクツーリングの方には軽量コンパクトなヘリノックスのチェアがおすすめで、車でキャンプされる方にはオシャレで高品質、安定感抜群なスノーピークのチェアがおすすめです。

デイトナチェアの欠点については、座面のほつれやフレームのガタつき、プラスチック部のバリも無く特に無いと言いたいところですが、スノーピークと比べると座面の縫製が荒く、ヘリノックスの似ている製品より重く、収納サイズが大きいです。また、収納袋のチャック部の耐久性が低そうです。

スポンサーリンク

デイトナチェアに合うテーブルの高さ

ミドルスタイル

ミドルスタイル(テーブル高60〜70cm)は、家庭のダイニングテーブルや職場のデスク、勉強机に近い高さになります。このテーブル高は、おしゃべりから料理、作業までこなすオールマイティーな高さになります。これ以上テーブルが高くなるとハイスタイルになり、ハイスタイルは立ち作業がメインのスタイルになります。

ミドルスタイルに合うデイトナのチェアは、ミドルバックチェアとポータブルチェアの2種類になります。画像を見ていただくと分かると思いますが、コンパクトチェアの座面が低すぎるのでミドルスタイルでは使い難いと思います。全く使えないわけではありませんが、実際に使用した感想としては、子供が大人のテーブルで食事をしている感じになります。

ミドルスタイルの弱点としては、ミドルスタイルはテーブルやイスなど荷物が多くなる傾向があります。大勢で集まる場合は人数分の椅子を用意する必要があります。また、長時間おしゃべりをする場合は目線が高く疲れやすいです。

キャンプ場では、見かけることが少ない一番少数派なスタイルになります。ソロキャンパーや自転車、バイカーではまず見かけません。また、大人数の場合は人数分のイスを用意する必要があります。

ロースタイル

ロースタイル(テーブル高40〜60cm)は、目線が低く落ち着くので長時間のおしゃべりなどにオススメのスタイルになります。会社や学校など応接室のソファを想像するとイメージしやすいと思います。

この高さで使用できるチェアは全モデルになります。コンパクトチェアとミドルバックチェアを組み合わせて使用してもお互いに高さの違和感はありません。特にコンパクトチェアとの相性が良くベストな高さです。

ロースタイルの弱点としては、ミドルスタイルとグランドスタイルといいとこ取りなので無いと言いたいところですが、グランドスタイルより荷物が多くミドルスタイルより環境の影響(砂煙や雨、泥はね、草など)を受けやすいです。

キャンプ場では、大多数がロースタイルになります。キャンプと言えばロースタイルが定番です。5人までの少人数であれば1台の

グランドスタイル

ロースタイル(テーブル高30〜40cm)は、足を伸ばしてくつろげ目線んが一番低いスタイルになるので開放感が他のスタイルとは一味違います。

この高さで使用できるチェアはコンパクトチェアのみになります。他の2モデルは座面よりテーブルが低くなるので、メインテーブルとして使用するには少しキツイと思います。ミドルバックチェアに座った状態で物を取ろうとすると、お尻を浮かせる必要があり不要な動作が増えます。

グランドスタイルの弱点としては、環境の影響(砂煙や雨、気温、泥はね、草など)を受けやすい点です。雨は勿論ですが風が強い日も避けたいところです。また、立ち上がるのが面倒なので料理などの作業性も悪いです。

キャンプ場では、ロースタイルの次に多いスタイルになります。ソロキャンパーや自転車、バイカーにも人気の高いスタイルになります。ファミキャンは、グランドスタイルが安定です。

タイトルとURLをコピーしました