スポンサーリンク

【デイトナ】コンパクトアウトドアチェアを収納する方法!座面の畳み方も詳しく記載しています。

デイトナのコンパクトアウトドアチェアを収納する方法について記載しました。座面が収納袋に収まらず悩まれている方も多いと思います。個人的にも説明書に座面の畳み方の記載がなく収納に苦戦しました。デイトナのチェアを収納する方法について画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

座面の畳み方が分からず収納に苦戦されている方は必見です。

【デイトナ】ミドルバックアウトドアチェアを収納する方法!座面の畳み方も詳しく記載しています。

【デイトナ】キャンプチェアを収納する方法!座面の畳み方も詳しく記載しています。
デイトナのキャンプチェアを収納する方法について記載しました。バイク用品メーカーから発売されたアウトドアチェア「ミドルバックアウトドアチェア」を収納する方法について悩まれている方も多...
スポンサーリンク

デイトナ「コンパクトアウトドアチェア」について

メーカーデイトナ(Daytona)老舗バイク用品メーカー
商品名コンパクトアウトドアチェア組み立て式の椅子
価格4,400円税込品質高くコスパがいい
ホワイト・グリーン・ブラック色は3種類
使用時サイズ高さ680×幅530×奥行490mm
座面の高さ360mm
少しズラすと肩までおさまる(身長175cm)
収納サイズ高さ125×幅370×奥行120mm
重量980g他メーカーの同商品より重い
静止耐荷重120kg座ると少ししなる(体重65kg)
フレームアルミ合金(A7075)アルマイト加工
座面高強度生地(ポリエステル)ツルツルで汚れが付きにくそう
脚キャップ取り替え可能工具不要で脱着
商品構成本体x1 収納袋x1

デイトナから販売されている高強度生地を使用したアルミフレームのアウトドアチェアは、軽くてコンパクトに収納できるのでバイクツーリングやオートキャンプのオトモにおすすめの商品になります。

一番のポイントは、価格が4,400円と格安なので気兼ねなくアウトドアで使用できる点です。また、品質もホームセンターやアマゾンの格安商品と違い高品質です。言い過ぎかもしれませんが、個人的に最近使用したチェアメーカー(スノーピーク、ヘリノックス、DOD)の中で品質に対するコスパは一番高いと感じました。

■最近使ったチェアメーカー■
スノーピーク=品質が超高いが価格も高く気軽に使えない
ヘリノックス=軽量コンパクトですが価格も高く気軽に使えない
DOD(ディーオーディー)=品質もよく価格も手頃ですが入手が困難
デイトナ=品質に対するコスパが良い

価格を無視できるのであれば、バイクツーリングの方には軽量コンパクトな ヘリノックスのチェアがおすすめで、車でキャンプされる方にはオシャレで高品質、安定感抜群なスノーピークのチェアがおすすめです。

デイトナチェアの欠点については、座面のほつれやフレームのガタつき、プラスチック部のバリも無く特に無いと言いたいところですが、スノーピークと比べると座面の縫製が荒く、ヘリノックスの似ている製品より重く、収納サイズが大きいです。また、収納袋のチャック部の耐久性が低そうです。

スポンサーリンク

必要なもの

収納に必要なモノは上の収納袋のみになります。フレームを結束するバンドは、フレームに巻きついているので用意する必要はありません。

野外で収納する場合は、座面を折り畳むときに地面で行うと汚れるのでテーブルがあれば便利です。また、脚キャップが汚れている場合は外して入れる小袋も用意しておくといいと思います。

スポンサーリンク

コンパクトアウトドアチェアを収納する方法

はじめに脚先や座面の汚れを落とします。脚キャップの汚れが酷い場合は、脚キャップを外して小袋に入れます。

チェアの汚れが落ちたらフレームから座面を取り外していきます。座面が取り外せたらフレームのポールを外して分解します。ポールが抜けにくい時は、回しながら抜くと抜きやすいです。

フレームが分解できたらポールを束ねていきますが、慣れないうちは結束バンドで結束しながら束ねると綺麗に束ねることができます。

デイトナチェア収納の最大の難関は、このフレームの結束になります。何も考えずにポールを束ねると収納袋に収まらなくなります。また、フレームが収まっても座面の収納が困難になる場合もあります。

コンパクトにフレームを束ねるには、外したポールを中央のポール(結束バンドが付いているポール)の片側で束ねるとコンパクトに束ねることができます。

■束ねる時のポイント!■
中央のポールの片側にポールをまとめて束ねる。

ポールが結束できたら座面を折り畳んでいきます。座面の表面を上に向けたら画像の7〜11の手順で座面を折りたたみます。慣れると膝の上でも畳めるようになります。

畳む時のポイントは特にありませんが、表面を上にして畳んだ方が畳みやすいです。裏面を上にして畳むと、角のポールを差し込む部分が出っ張ってコンパクトに畳むことができません。

記載の折り畳み方は、新品購入時に畳まれていた形になります。

座面が折り畳めたら、収納袋にポール→座面の順に収納して収納完了です。ポールを後に入れるとポールの角でチャククが破損する可能性があるので必ずポールから収納します。

以上がデイトナのコンパクトキャンプチェアを収納する方法になります。ポール結束にコツがいりますが慣れると3分ほどで収納可能です。背もたれ付きのミドルバックアウトドアチェアより収納難易度は高いですが確実にマスターしたいところです。

タイトルとURLをコピーしました