スポンサーリンク

DODのグランドシートはレジャーシートとして使える?!耐久性や強度が気になる方も必見です。

DODのグランドシートがレジャーシートとして使えるのか検証した結果について記載しています。DODのグランドシートをレジャーシートとして使用したいと思われている方も多いと思います。個人的にも、公式HPで確認する限りではレジャーシートとして使用できそうでしたが、記載が無く購入に踏み切れずにいました。実際に、DODのグランドシートがレジャーシートとして使用できるのか検証した結果を記載しているので十分に信頼できる内容だと思います。

耐久性や強度が気になる方も必見です。

スポンサーリンク

DODのグランドシートについて

カラーグレー
販売価格Amazonで2,200円前後
使用時サイズ縦190×横120cm
収納時サイズ縦41×横15cm×高さ6cm
重量(付属品含む)350g
材質210Dポリエステル(PUコーティング)
最低耐水圧5000mm
付属品キャリーバッグ
ラインナップ2人用・3人用・5人用

DODのグランドシートは、テントが汚れないようにテントの下に敷いて使用する方法が正規の使い方ですが、デザインがおしゃれなのでレジャーシートとして使用したいと思われている方も多いとお思います。個人的にも、キャンプ場でDODのグランドシートをレジャーシートの代わりに使用している方を見かけました。

ポリエステル生地なので汚れや雨水が浸透せず、グランドシートとしての性能は十分だと思います。また、ブルーシートのようなカサカサ感もありません。四隅にはショックコードが付いているのでペグで打ち付けて使用することもできます。

使用後の収納は、グランドシートと同じ素材でできている収納袋が付属されているので、汚れたグランドシートを汚れた状態で収納できます。

スポンサーリンク

レジャーシートとして使用できる?!

実際にDODのグランドシートを購入してレジャーシートの代わりに使用できるのか検証してみると、公式HPを見た段階では問題なく使用できそうな感じでしたが、実際にはレジャーシートとしての使用は現実的ではありませんでした。

家の床で広げた段階でレジャーシートとしての使用には不向きだと感じるレベルでした。

想像現実
生地3mm程の厚手生地1mmもない薄手生地
カサカサ感布と同じような肌触り通常のポリエステル生地
ショックコートあれば便利頑丈な作り
価格このスペックで安い価格相応
レジャーシートとして使える使えない

具体的には、公式HPでは厚手でしなやかなポリエステル生地と記載されていましたが、レジャーシートレベルの厚み(3mmほど)ではありませんでした。グランドシートレベルの厚みとしては相応なのかもしれません。

厚みについては、正直家内のLEDライトの光が透けるほどの厚みしかありません。上の右下画像が実際に家のLEDライトの光が透けている画像になります。購入前は、トラックの雨除けシートの厚みを想像していましたが実際にはブルーシートより薄かったです。

この厚みでも芝生や砂浜などでは快適に使用できると思いますが、石が多い地面では石がシートを貫通する可能性が高いです。また、シートの上でチェアやテーブルの使用もNGだと思います。

実際に家の床にグランドシートを敷いてアウトドアテーブルとチェアを使用しましたが、1回の使用でテーブルとチェアの脚の摩擦でグランドシートに脚の跡が付きました。脚の摩擦で跡が付くので焚き火の火の粉は完全にNGだと思います。

以上がDODのグランドシートはレジャーシートとして使えるのか検証した結果になります。DODのグランドシートについてはおしゃれでレジャーシートとして使いたいと思われるかもしれませんが、記載の内容からもレジャーシートの代替えとしての使用はほぼできません。

DODのグランドシートは、テントを汚れや濡れから守る本来の使い方がベストだと思います。

タイトルとURLをコピーしました