スポンサーリンク

【Macアプデ】場所が変更された項目は消去しても大丈夫?!調べた結果について記載しています。

Macのアップデートでデスクトップに表示されるファイル「場所が変更された項目」は消去しても大丈夫なのか調べた結果について記載しています。Macのアプデを行うと表示されるファイル「場所が変更された項目」の取り扱いについて気になっている方も多いと思います。個人的にも消していいものなのか悩みました。Apple公式の見解をもとに記載しているので十分に信頼できる内容となっています。

スポンサーリンク

ファイル「場所が変更された項目」について

ファイル「場所が変更された項目」については、Macのソフトウェア・アップデートで生成されるエイリアスファイル(ショートカットファイル)になります。アップル公式には、Macのソフトウェア・アップデートで何らかの理由で新しい場所に移動できなかったファイルが、ファイル「場所が変更された項目」に移動されるとアナウンスされています。

ファイル「場所が変更された項目」の場所は、「ユーザ→共有→場所が変更された項目」に格納されています。

スポンサーリンク

場所が変更された項目は消去しても大丈夫?!

Macのアプデでデスクトップに表示されたファイル「場所が変更された項目」については、エイリアスファイル(ショートカットファイル)なので消去してもなんの問題も発生しません。

基本的には、アンチエイリアスファイル「場所が変更された項目」をゴミ箱に入れて消去完了です。アンチエイリアスファイルの消去を行なっても元のファイルは消去されていないので不具合が発生する心配はありません。

また、気になる方は「ユーザ→共有→場所が変更された項目」に保存してあるファイル「場所が変更された項目」を直接削除しても基本的には問題ないと思います。

アプリケーションファイルやシステムファイルに格納されているファイルを消去すると、不具合が発生する可能性がありますが、ユーザファイル内に格納されたファイルについては消去しても基本的には問題ないと思われます。

データの種類にもよるので消去は自己責任で行ってください。個人的には、ファイル「場所が変更された項目」が生成されるたびに消去していますが今のところ不具合やバグは発生していません。

タイトルとURLをコピーしました