スポンサーリンク

ホンダヴェゼルの値引き交渉マニュアル!人気車種でも20万円値引き可能でした。

ホンダ「ヴェゼル」の値引き交渉について記載しました。ヴェゼルは人気車種なので値引きが無いのでは?と思われている方も多いと思います。個人的にもネットで調べましたが有力な情報が見当たりませんでした。そこで、実際にホンダ「ヴェゼル」の値引き交渉を行った結果について記載しています。

必ずしも記載の値引き額にはならないかも知れませんが参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

お店選び

田舎より都会のお店を選ぶ
知り合いが勤めているお店を選ぶ
スタッフが多いお店を選ぶ
ホンダカーズ〇〇店を選ぶ

値引き交渉しやすいお店については、上の条件に当てはまるお店になります。全ての条件に当てはまれば言うことなしですが、初めて車を購入される場合は①と②と④は押さえておきたいところです。

田舎より都会のお店を選んだ方が言い理由については、単純に都会の方が販売台数が多いことが予測されるからです。販売台数が多いと、購入後のメンテナンス(タイヤやオイル交換、車検など)による収益も十分に見込まれることから、車購入時の値引き額を多くしても十分に回収が可能だと思われます。

知り合いがいるお店については、最も重要なポイントで家族や知人(友達)などに頼っても押さえておきたいところです。購入実績がある店舗なら最優先で選んで問題ありません。

スポンサーリンク

来店時の心得

家族又は知人(友達)と一緒に行く
午前10時ごろがベスト
事前に来店及び試乗の予約(電話)を取る
欲しいグレードやオプションを決めておく
印鑑(できれば実印)を用意しておく
手付金3〜10万円(キャッシュカードOK)

来店時は、家族又は知人(友達)と一緒に4人ほどで午前10時ごろの来店がベストです。車のセールスマンは基本1人なので必然的に1対4の有利な環境を作り出すことができます。また、来店時間を午前10時ごろにすることで12時がタイムリミットになりお互いにメリットです。

また、飛び込みで来店するより事前に来店及び試乗の予約(電話)を取っておいた方が商談がスムーズです。決算の時期やキャンペーンを狙って来店されてもいいと思います。

普通自動車を購入するにあたり購入者が用意するものは「実印」と「印鑑証明書(コンビニで印刷可)」、「お金」の3点になります。借家の場合は、プラス大家さんに車庫証明書の「委任状」を書いてもらう必要があります。

スポンサーリンク

値引き交渉(ヴェゼルの場合)

試乗が終わったら取り敢えずグレードとナビは不要と伝えて見積書を作成してもらいます。付けたいオプションは交渉材料にするので今は何も言わなくてOKです。また、下取りする車があれば申し出ておきます。

特にナビなど高価な部品は交渉材料に取っておきます。1回目の見積もりの時に「ナビ不要」と伝えることがポイントです。

1回目の見積もりでは車体値引き金額「5万円」が基本中の基本です。ほぼ全てのホンダカーズで最初に提示される見積書に記載されている値引き額が「5万円」になります。グレードやオプションに関係なく最初は値引き額が「5万円」です。

1回目の見積もりで「ヴェゼルは人気車種で半年待ちなので値引きはありません。」と言われた場合は残念ですが諦めて次のお店に行くことをおすすめします。

1回目の見積もりで多いパターンは、フロアマットとドアバイザー、などの基本オプションプランが提示されていると思います。また、ボディコート7万円もお店の利益率が高いので必ず組み込まれています。←ボディコートについては不要でも現段階では不要と言わなくてもOKです。

2回目の見積もりを違和感なく出してもらうために、不要なオプションや追加したいオプションを伝えて「もう少しお安くなりませんか?」と提案し2回目の見積もりを出してもらいます。←この時もナビには触れません。

2回目の見積もりで車体値引き金額が「10万円〜15万円」にアップしていたら交渉成功です。この時点で来店から試乗も含めて2時間は経過しているので、車のセールスマンも脈ありと思っています。基本的に、交渉が長引けば長引くほど購入者側に有利な条件となっていきます。

ホンダ「ヴェゼル」の車両値引き額の上限は20万円ほどかと思われます。←ホンダの社員割は車両の価格に応じて10〜30%引きになるようです。

ここからが値引き交渉の山場です。これ以上の車両値引きは期待できないので、ナビを追加or変更し「オプション品の値引きは無いのですか?」と伝えます。ナビのグレードを上げてもOKです。

ナビは取り付けに工賃が発生し販売店の利益率が高いので販売店としても取り付けて欲しいオプションになります。

ナビを追加して3回目の見積もりを出してもらいます。必ず3回目の見積もり前に「オプション品の値引きは無いのですか?」と伝えて下さい。

値引きの種類
車体の値引き
オプション品の値引き
調整値引き(端数の切り捨て)

3回目の見積もりが出てきたらオプション品の値引き金額を確認します。ほぼ間違いなくオプション品が値引きされていると思います。

見積もり回数車体の値引きオプション品の値引き
1回目5万円0円
2回目15万円0円
3回目10万円10万円

今回は、最終的に車体の値引き10万円とオプション品の値引き10万円の合計20万円値引きとなりました

ヴェゼルは人気車種ですが値引きが無いと言うわけではありません。車は高い買い物なので少しくらいは無理を言ってもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました