スポンサーリンク

EarFunFreeMiniの品質や外観、使用感レビュー!実際に使った感想について記載しています。

EarFun Free Mini(イヤフォンフリーミニ)の品質や外観、使用感レビューについて記載しました。EarFun Free Miniの購入を検討されている方で、品質や外観、使用感が気になっている方も多いと思います。個人的にも、サードパーティ製の製品なので品質が気になり購入に踏み切れずにいました。実際に細部まで検品した結果について画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

EarFun Free Miniの購入を検討されている方は必見です。

■EarFun Free Miniの読み方■
EarFun Free Miniの読み方は、イヤファンフリーミニが公式のようです。イヤフォンフリーミニやイヤホンフリーミニでも個人的にはいいと思います。
スポンサーリンク

製品情報

EarFunFree Mini解説
3,799円(税込)アマゾンでの販売価格(クーポン適応で1,100円引き)
TWS技術 24時間再生ケース充電を含めた再生時間(イヤホン単体は5時間)
6.0mmチタンコート振動板大きいほど重低音と高音に強い
ノイズキャンセルなし通話中の風切り音などが低減される
USB-C充電充電方式
IPX7完全防水常識の範囲内の防水性能
低遅延モードなし音の遅延が少ない(ゲーム向き)
イヤホンで16段階音量調節イヤホンの操作で音量調節
自動ペアリング(電源オンで自動接続)電源オンで自動接続
Bluetooth5.0最大通信距離15mで音が途切れにくい
AAC対応高音質・低遅延で音質が良い
ハンズフリー通話イヤホンでの通話(電話・LINEなど)
タッチボタンで操作イヤホンの操作方法

余談ですがApple純正のAirPods Pro(エアーポッズプロ)のドライバーは、縦4mm横4mmになり20Hz~2万Hzまで対応しています。数値だけでは、EarFunFreeMiniの方がドライバーサイズが大きく重低音と高音に強いですが、AirPods Proには 「H1」 チップが内蔵されているので音の調節など音質はAirPods Proの方が上だと思います。

個人的には、AirPods Proと比較すると価格の違いは大きいですが、音声通話など音質に拘らない使用方法ではEarFunFreeMiniが圧倒的におすすめです。ビジネス用に購入される場合はEarFunFreeMini一択です。

スポンサーリンク

パッケージの品質や外観、使用感レビュー

はじめに化粧箱(パッケージ)の品質については、エアーポッズの化粧箱と大差なくクオリティが高いです。上位モデルと比べると見劣りしますが、低価格の割には化粧箱の材質も良く手抜き感はありません。

パッケージの印刷レベルについても手抜きなく綺麗に印刷されています。しかし、他のEarFunシリーズと同様にパッケージ自体が日本語表記では無いので商品の特徴は分かり難いです。

イヤフォンや充電器が収められているプラ容器については、適度に硬さがありペコペコではありませんでした。

パッケージの内容については、小分けされビニールで梱包されており好印象です。特にイヤホン本体の掃除に使用する綿棒が付属されている点については高評価です。

取扱説明書についても、各言語別に分けられまとめられているので分かり易いです。日本語の表記については、誤字脱字なく表現についても自然です。難しい表現の漢字も並んでおらず中高生でも十分に理解できるレベルだと思います。

スポンサーリンク

充電ケースの品質や外観、使用感レビュー

充電器の品質は、プラスチック製ですが艶消しで外観の品質は高いと思います。ヒッジ部(フタ)のガタつきも無く充電時の発熱など使用上の問題もないです。また、USB Type-Cコネクタも繋ぎ目なく整っており耐久性もあると思います。

材質については、艶消しなのでプラスチック感が無く手触りがいいです。イヤホンを収納するケース内側の材質もプラスチックになります。艶消しですが金属ではないのでカギなどが当たると傷つくと思います。表面が艶消し(つやけし)なので傷ついても目立ちにくいです。

分解していないので内部に使われている部品の品質は不明ですが、丸型PSEマークが刻印されているので一応自主検査での品質は保たれていると思います。日本国内でバッテリーを搭載したイヤホンを販売するにはPSEマークが必須になります。

スポンサーリンク

イヤホンの品質や外観、使用感レビュー

ワイヤレスイヤフォン本体については、左右で重さや大きさに違いはなく耳と直接触れるシリコンパッドもシリコン特有の臭いもありません。端子部は、真鍮合金で光沢があるので金メッキが施されている可能性が高いです。よって、金属アレルギーのリスクは低いですが、金メッキが剥がれると金属アレルギーになる可能性があります。

イヤホン本体の接合部も隙間なく接合されており高品質だと思います。正直、Appleのエアーポッズには個体により接合部に隙間があります。

充電やスマホとの接続、タッチ操作は、左右で大差なく気になる点はありませんでした。充電ケースとイヤホンには物理ボタンは搭載されていません。よって、ボタンの接触不良によるトラブルは発生しません。

まとめ

倍率7倍のルーペでEarFun Free Miniの品質を厳しく検品しました。化粧箱の文字が英語で分かり難いですが、説明書は日本語でわかりやすく記載されています。製品については、実際に使用するので化粧箱以上に厳しくチェックしたので、粗探しのようになりましたが価格相応だと思います。

充電ケースについては、プラスチック製ですが艶消し加工されており外観の品質は高いと思います。内部の電子部品の品質は未確認ですが、丸型PSEマークや、届出事業者名、定格容量、定格電圧の表示が刻印されているので一応品質は問題ないと思います。

日本国内でバッテリーを搭載したイヤホンを販売するにはPSEマークが必須になります。

全体を通して、EarFun Free Miniの品質は価格相応の製品だと思います。個人的には、仕事やスポーツには防水性のあるEarFun Free Miniを使用し、ブログや読書中のBGMにはエアーポッズプロを使用しています。

タイトルとURLをコピーしました