iPhoneでテザリングが出来ない時の対処法!iosのアップデートで出来なくなった方は必見です。

iPhoneのテザリング機能(インターネット共有)を使いiPadをインターネットに接続していましたが、iPhone6SとiPad Airをios11.0.1にアップデートしたところ、今まで使えていたテザリング機能が使えなくなりました。そこで、テザリングが出来ない時の対処法についてまとめました。実際に対処した方法を記載しているので分かりやすいと思います。


スポンサードリンク

症状

テザリング接続しようとすると「ネットワーク“iPhone”に接続できません」とiPad Airにポップアップが出てテザリングが出来ない。一旦、Wi-Fiのネットワーク設定をiPad Airで削除しようとしても、iPhone6Sのネットワーク設定が表示されず削除も出来ない。

iPhone6SとiPad Airを再起動しても症状は改善されませんでした。また、iPhone6S側はインターネット共有のオンオフが行えるので、iOS11と格安SIM(ocnモバイルone)間での問題ではありません。

対処法

iPhoneの設定から一般を選択して、一番下までスクロール後にリセットを選択します。

ネットワーク設定リセットを選択してパスコードを入力します。最後にポップアップで表示されたネットワーク設定をリセットを選択すれば、リンゴのマークが表示され端末が再起動し、ネットワーク設定がリセットされテザリング機能が復活します。

ネットワーク設定をリセットを選択してもプロファイル情報は消去されないので、モバイルデータ通信(4G)への影響はありません。また、iPhoneに保存されたコンテンツ(写真、アプリ等)や設定も消去されることはありません。

iPad Airの手順は記載しておりませんが、iPhone6Sと同じ操作でテザリング機能が復活しました。

スポンサードリンク

まとめ

今回、再起動やキャッシュのクリア等、色々と試しましたが解決せず、初めてネットワーク設定のリセットを行いました。

iPhoneとiPadの何方に問題が発生したかは不明ですが、iPhoneとiPadのネットワーク設定をリセットすることでテザリング機能が復活しました。ネットワーク設定のリセットは数分で簡単に行えるのでオススメです。

また、ネットワーク設定のリセットのデメリットはWi-Fiパスワードの再入力程度なので、モバイルデータ通信(4G)に影響が出ることもありません。

関連がある記事

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です