新型エアーポッズ(第2世代)が初期不良だった場合の対処法!初期不良についても画像で詳しく記載しています。

新型エアーポッズ(第2世代)が初期不良だった場合の対処法についてまとめました。実際にアップルサポートセンターへ問い合わせ、初期不良の対処を行った結果をもとに記載しています。新型エアーポッズ(第2世代)の初期不良に悩んでいる方は必見です。また、発生した初期不良についても画像で詳しく記載しています。

初期不良の種類により修理扱いになる場合があるようですが、記載の初期不良の場合は新品と交換してもらえました。

スポンサーリンク

初期不良について

アップルオンラインストアで購入した新型エアーポッズ(第2世代)ですが、機能自体に問題はありませんでしたが、左右のイヤフォンの作りが粗悪と言う初期不良に陥りました。個人的には、新型エアーポッズ(第2世代)が発売してすぐ購入したので、当たりが悪かったと思っています。

初期ロットの購入は、メリットも多いですがデメリットも多いです。

具体的な不良ヶ所については、左側イヤフォン(画像)の一部に隙間が空いて入り、完全に接着されていない状態でした。爪は入りませんがコピー用紙なら入る隙間です。

一見、不良には思えませんが耳に直接触れる場所なので、汗が侵入し故障する可能性は十分に考えられます。組み立て時に発生した可能性が高いと思います。

もう1ヶ所の不具合は、右イヤフォンの接合部の一部が出っ張っており、イヤフォンを耳につけると違和感を感じます。こちらの不具合に関しても、組み立て時に発生した可能性が高いと思います。

確認した不具合については、上記の2ヶ所になります。エアーポッズ(第1世代)を購入した時は、上記の不具合は見受けられなかったので、当たりが悪かったと信じたいところです。

スポンサーリンク

初期不良の対処法

はじめに、アップルサポートセンター(0120-993-993)へ電話を行います。電話が繋がると、音声ガイダンスにて応対されるので指示に従い進みます。ボタンを間違えて別の商品を選択しても、オペレーターが窓口まで案内してくれるので問題ありません。

お問い合わせ先:アップルサポートセンター
電話番号:0120-993-993
受付日時:月〜金9:00〜21:00(土日祝・9:00〜18:00)

アップルオンラインストアで購入した場合でも、アップルサポートセンターで対応してもらえます。迷ったら取り敢えずアップルサポートセンターへの問い合わせが確実です。また、ウェブからも修理サービスを受ける事も可能です。

オペレータに繋がると初期不良の状態を細かく確認されます。今回、記載の左右イヤフォンの不具合について詳しく説明しました。

【確認された項目】
・氏名
・住所
・メールアドレス
・連絡先電話番号
・シリアル番号
・不良のヶ所
・購入先
・購入日

※シリアル番号は箱の側面に記載してあります。アップルオンラインストアで購入した場合は、住所やメールアドレスを確認される事はありません。

今回の初期不良の場合、購入後14日を経過していなかったので全て新品と交換してもらえました。購入後、15日以上1年未満の場合は不具合の製品のみ無償交換になるようです。

あとは、集配業者(クロネコヤマト)に初期不良の新型エアーポッズ(第2世代)を引き取ってもらい、新しい新型エアーポッズ(第2世代)が送られてくるのを待つだけです。今回は、在庫が無かったので新しい新型エアーポッズ(第2世代)は、5月2日に届きました。

交換の流れ

4月5日:商品到着
4月7日:初期不良確認
4月8日:問い合わせ
4月9日:不良品配送
5月2日:商品到着

初期不良に対する対処法は以上です。今回、問い合わせに掛かった時間は24分でした。

スポンサーリンク

まとめ

新型エアーポッズは、22,800円+税と高額なので少しの不具合でも気になりました。今回のように、左右のイヤフォンに不具合が出る事は稀だとは思いますが、改めて初期ロット購入のリスクは高いと感じました。

対処法については、アップルサポートセンターへの問い合わせが基本です。製品の使い方から、製品の購入、トラブルまで幅広く対応してもらえます。ウェブからの問い合わせも出来ますが、個人的にはオペレーターと直接やり取りができるので、電話でのお問い合わせがオススメです。

電話でお問い合わせする際は、30分ほどを目安にしておくと良いと思います。今回は、24分でしたが待ち時間の方が長かったです。

タイトルとURLをコピーしました