新型エアーポッズ(第2世代)をiPhoneと接続する方法!開封して使用するまでの手順を記載しています。

新型エアーポッズ(第2世代)をiPhoneと接続する方法についてまとめました。実際にAirPods(第2世代)を開封して使用するまでの手順を、画像で記載しているので分かりやすいと思います。開封して使用するまでの時間も計測したので、設定の目安にして頂ければ幸いです。

旧型エアーポッズ(第1世代)と同様に説明書が無くても簡単に接続する事ができました。

スポンサーリンク

使用までの手順(iPhoneに接続)

エアーポッズ(第2世代)パッケージのラッピングを剥がして開封します。説明書や付属品はエアーポッズ(第1世代)と大差ありませんでした。気持ち、取説がカラーになっている程度の違いです。

取説自体は、多言語(日本語あり)で記載されており、説明文は短く簡単に記載されています。

動作環境

AirPods(第2世代)が使用できるiPhoneは、iOS12.2以降が搭載された端末になります。iPhone以外にもiPad、iPod、Apple Watch、Macなどにも使用できます。また、他社製デバイスで使用することもできます。

パッケージを開封したら、(1)iPhoneのロックを解除し(2)エアーポッズをケースに入れた状態でiPhoneに近づけます。(3)iPhoneの画面に「接続」と表示されたら「接続」をタップします。

何も表示されない場合は、エアーポッズ本体の充電が切れている可能性があります。iPhoneのBluetooth(ブルートゥース)がオフの状態でも「接続」と表示されます。

iPhoneとエアーポッズ間でペアリング(認証)が完了するまで数秒待ちます。ペアリングが完了すると、「完了」と表示されるのでタップして接続完了です。ここまで、旧型エアーポッズ(第1世代)は4分近く掛かったのに対して、新型エアーポッズは2分程度と体感できるレベルで早く接続できました。

接続が完了すると、エアーポッズの電池残量も確認できるようになります。電池残量は出荷時の状態で、イヤフォンが71%で充電ケースが81%でした。

新旧エアーポッズの機能の違いについてはこちら!

新型エアーポッズ(第2世代)の何処が変わった?!新旧比較表で分かりやすく記載しています。
新型エアーポッズ(第2世代)の何処が変わったか、旧型エアーポッズと比較しました。巷では、フルモデルチェンジの噂が出ていましたが、外観変わらず機能が強化されたマイナーアップデートにな...

ペアリング完了後、エアーポッズ本体からイヤフォンを取り出し耳に装着すると「ボアン」と起動音が流れて使用が可能になります。イヤホンを耳に装着してから起動するまでの時間は1秒程度です。

以後、イヤホンを耳に装着するとiPhoneがスリープ状態でもイヤホンと接続が可能です。接続はイヤホンとiPhone間で行われるので、初回以外エアーポッズの充電ケースをiPhoneに近づける必要はありません。

ダブルタップ変更方法

iPhone→設定→Bluetooth(ブルーツゥース)→〇〇のAirPods横の(!)→再生/一時停止

新型エアーポッズ(第2世代)を初期化する方法についてはこちら!

エアーポッズ(AirPods)を初期化する方法!第2世代も記載の方法で初期化できます。
エアーポッズ(AirPods)を初期化する方法についてまとめました。初期化方法をマスターしておくと、エアーポッズに不具合が発生した場合や、エアーポッズを出品(販売)する場合などに役...
スポンサーリンク

まとめ

旧型エアーポッズ(第1世代)と接続方法は同じですが、新型エアーポッズ(第2世代)は接続スピードが体感できるレベルで早いです。エアーポッズのフタを開けてiPhoneに近づけるだけで設定が完了するので、iPhoneとの相性も申し分ありません。

価格が22,800円+税と高価な点が難点ですが、製品の完成度は高くiPhoneユーザーには特にオススメです。通常の充電ケース版なら17,800円+税で購入可能です。

個人的には、メルカリで旧型を出品して新型に乗り換えたので、半額以下の価格で乗り換える事ができました。

エアーポッズ(第1世代)を高値でメルカリに出品(販売)する方法についてはこちら!

エアーポッズ(第1世代)を高値でメルカリに出品(販売)する方法!出品例についても記載しています。
エアーポッズ(第1世代)を高値でメルカリに出品(販売)する方法についてまとめました。出品するエアーポッズの説明や販売(出品)価格など、詳しく記載しているので分かりやすいと思います。...

タイトルとURLをコピーしました