スポンサーリンク

マルニ木工ヒロシマチェアの人気モデルについて!HIROSHIMAチェアを検討されている方は必見です。

マルニ木工のHIROSHIMAアームチェアの人気モデルについて記載しました。ヒロシマチェアの主材や塗装、座面の組み合わせに悩まれている方も多いと思います。マルニショールームにて売れ筋の人気モデルについて聞くことができたので記載したいと思います。なぜ人気なのかも詳しく記載しているので参考にして頂ければ幸いです。

人気のヒロシマチェアの購入を検討されている方は必見です。

スポンサーリンク

HIROSHIMAチェアとは?

デザイナー「深澤直人(ふかさわなおと)」がデザインし広島県のMARUNI木工(マルニ木工)が製造販売するアームチェア(椅子)になります。人工工学に基づくデザインで座りごごちがよく長時間座っていても疲れないらしい、、、Appleが大量に購入したことやアメリカ大統領選の討論会でも使用(病院より借りてきて)された実績があります。

スポンサーリンク

HIROSHIMAアームチェアのラインナップ

主材塗装座面
ビーチ材(ブナ)安いマット(下地が見えない)板(安い)
オーク材(ナラ)普通ライト(下地が見える)布(普通)
ウォルナット材(くるみ)高いナチュラル皮(高い)

HIROSHIMAアームチェアのラインナップは、主材と塗装、座面の組み合わせにより決まります。基本の形状は全ラインナップで違いはありません。組み合わせによる商品数は1000商品以上になります。内、座面の違いによる商品が9割を占めています。

■組み合わせ例■
ビーチ材+ナチュラル塗装+布座
ウォルナット材+ライト塗装+板座

商品数の多い布モデルは個人でも張り替えることができます。座面のネジを4本外すことで誰でも簡単に張り替えることができます。皮モデルの張り替えは、特殊な機械が必要になるのでマルニ木工へ交換に出す必要があります。

また、お子様がおられる家庭でHIROSHIMAチェアに落書きされてもマルニ木工でメンテナンスが可能です。

スポンサーリンク

売れ筋の人気モデル

売れ筋人気モデル第1位は、デザイナー「深澤直人」がデザインしたヒロシマアームチェアの基本モデルになります。このモデルをベースに主材や塗装、座面の変更が可能となっています。

価格もヒロシマアームチェアの中では最安値(102,300円税込)です。特に若い方から支持されておりInstagramに投稿されている大半がこのモデルになります。

木目もデザインの一部になっており木目がハッキリ分かる基本モデルはマルニ木工の自身の表れにもなっています。iPhoneを製造販売しているAppleもこのモデルが使用されています。

第2位は、実用性ナンバーワンのウォルナット材+ナチュラルクリア塗装+板座の組み合わせになります。価格は155,100円税込と高額になりますがウォルナット材で白太(シラタ)の部分がほぼ無くこの価格は十分にリーズナブルです。

塗装もナチュラルクリアとウォルナット材本来の色が出ており落ち着いた色合いとなっています。ウォルナット材で塗装の濃い物は白太を隠す目的である場合が多いようです。よって、HIROSHIMAアームチェアにウォルナット材+ベタ塗りの組み合わせは存在しません。

この組み合わせは、床や壁の色をほぼ選ばず置けるので全年齢で人気が高いです。販売員が積極的に進めてくる組み合わせもこの組み合わせになります。ウォルナット材は、年数が経過すると色が薄くなるので飽きずに長年使用できるのも人気の秘密です。

第3位は、ビーチ材+ナチュラルホワイト+張座の組み合わせになります。基本ベースにクッションを追加した組み合わせになります。座面のネジを4本外すことで誰でも簡単に張り替えることができる点も人気の理由になります。

この組み合わせの中でも特に人気が高いのが、minä perhonen(ミナ ペルホネン)のデザイン「タンバリン」の組み合わせになります。ダイニングテーブルのチェアとして使用される方からの支持が圧倒的に多く、チェアごとに生地は変えず統一される方が多いようです。

以上がマルニ木工ヒロシマチェアの人気モデルになります。組み合わせが多く迷われる方も多いと思いますが記載の内容を参考にベストな一脚が見つかることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました