スポンサーリンク

コンビニでスマホの画面に触れずにバーコードを読み取ってもらう方法!画面が傷つく心配も無くなります。

コンビニでスマホの画面に触れずにバーコードを読み取ってもらう方法について記載しました。コンビニでポイントカードなどのバーコードを読み取ってもらうときに、スマホの画面にバーコードリーダーを押し付けられ気になった方も多いと思います。記載の方法でバーコードを読み取ってもらうとスマホの画面にバーコードリーダーを押し付けられることが無くなります。

何も使わず簡単に行えるので覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

用意するもの

スマホ(iPhone or Android)×1台

必要なものはバーコードを表示するスマホのみになります。スマホの大きさにより記載の方法が使えない場合がありますが、iPhoneやAndroid問わずほぼ全てのスマホで使えると思います。

タブレット端末は、画面サイズが大きすぎて記載の方法が使えない場合があります。

スポンサーリンク

画面に触れずに読み取る方法

スマホの画面にバーコードリーダーが触れることなくバーコードを読み取ってもらうには、バーコードリーダーとスマホの画面の間に指を入れて隙間を作ります。

すると、指がガードになりスマホの画面にバーコードリーダーが当たることなくバーコードを読み取ってともらえます。また、実際に行ってみると分かると思いますが、店員の方がバーコードリーダーを指に当てることはほぼ無いと思います。個人的には、一度もバーコードリーダーが指に当たったことはありません。

余談ですが、コンビニで使用されているスマホのバーコードも読み込めるバーコードリーダーは、機種にもよりますが最大15cmほど離れた距離からも読み取りが可能です。

以上が、コンビニでスマホの画面に触れずにバーコードを読み取ってもらう方法になります。バーコードリーダーが当たった程度でスマホの画面が傷つく可能性は低いですが、感染症予防対策としても非接触でやり取りしたいところです。

タイトルとURLをコピーしました