スポンサーリンク

【モンハンライズ】上位オロミドロをソロで討伐する方法!泥無効で簡単に攻略できます。

モンハンライズで上位オロミドロをソロで討伐する方法について記載しました。オロミドロの泥で行動が制限され上手く立ち回れない方も多いと思います。しかし、動き自体は遅く弱点部位も狙いやすいので対策すれば攻略難易度は低いです。集会所の上位オロミドロの倒し方について画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

オドミドロと間違いやすいですがオロミドロになります。別名:泥翁竜(どろおうりゅう)

スポンサーリンク

攻略のポイント

オロミドロの能力

オロミドロは、泥による攻撃を得意とするモンスターです。特に泥によるハンターへの行動制限が攻略難易度を上げています。即キャンプ送りになる強攻撃はありませんが、泥に足を取られている間に連続でダメージを受ける場合があり油断はできません。

水ブレスは行ってきませんが、連続で泥攻撃を受けると「水属性やられ」に陥ります。

水属性やられ
効果対策
スタミナの回復速度が遅くなるウチケシの実を食べる
回避を繰り返す
時間経過で自動解除
翔蟲で移動する

攻略の条件

・武器と防具の製作難易度はソロでも容易に製作できる範囲
・スキル「泥雪耐性 Lv.2」の発動
・護石は不使用

スポンサーリンク

装備と持ち物

装備

発動スキル効果
回避性能Lv.5(MAX)回避時の無敵時間が長くなる
回避距離UP Lv.3(MAX)回避時の移動距離が長くなる
見切りLv.4会心率がUPする(会心率+20%)
泥雪耐性 Lv.2泥や雪による移動制限を受けない

防具は、ナルガSシリーズ一式で挑みます。上位ナルガクルガの素材で比較的簡単に生産でき壊れスキル「回避距離UPLv.3」と「回避性能Lv.5」が発動するのでモンスターの攻撃を回避しやすいです。

スキル「泥雪耐性 Lv.2」については、泥による行動制限が無効化されるので必ず発動させます。スキル「泥雪耐性 Lv.2」が発動していると泥を無視して立ち回ることができるの安定感が違います。泥雪珠の生産は、上位ウルクススとボルボロスの素材で生産可能です。

オロミドロ戦では、回避の使用頻度が多くスタミナ切れを起こす場合があるので、ナルガSシリーズ一式の空きスロットを使用してスキル「体術」を発動させて挑んでもいいと思います。体術珠の生産は、上位ラングロトラの素材で生産可能です。

防御力については、全部位フル強化の合計340になります。上位にしては少し低いですが、連続で攻撃を受けなければ即キャンプ送りになることも少ないと思います。

上位☆7の最後までナルガS一式で攻略が可能です。

【モンハンライズ】上位ナルガS装備の作り方についてはこちら!

【モンハンライズ】上位ナルガS装備の作り方!必要な素材の集め方も記載しています。
モンハンライズで上位ナルガSシリーズ一式の作り方について記載しました。ナルガSシリーズ一式は集会所☆6で生産可能になり終盤まで使用できる防具になります。上位装備に迷ったら取り敢えず...

武器は、火属性と氷属性が弱点ですが太刀「夜月(月影)」を使用しました。こちらも上位のナルガクルガの素材で生産でき、無属性で切れ味(白ゲージ)もいいのでオススメの太刀になります。オロミドロの硬い部位でも弾かれることはありません。会心率も40%で防具のスキル「見切りLv4(会心率+20%)」と組み合わせると会心率60%になり高火力です。

太刀に慣れていない場合は好みの武器で良いと思いますが、個人的にも太刀が使いやすく立ち回りが楽でした。

上位☆7の最後まで太刀「夜月(月影)」で攻略が可能です。

持ち物

持ち物については、回復薬や罠など基本的なアイテムを持ち込みます。回復アイテムが不足した場合は、キャンプのテント内のアイテムボックスで補充が可能です。

水属性やられの解除は、翔蟲や回避で可能なのでウチケシの実は不要ですが翔蟲が使えない場面に備えて持ち込んでもいいと思います。

「落とし穴」や「シビレ罠」も持ち込み、お金に余裕があればギルドストアで「力の護符」「守りの護符」を購入して攻撃力と防御力を底上げしたいところです。

その他(オトモ・食事)

オトモアイルーやガルクの装備については上位装備であれば、寄せ集めで問題ないと思います。食事については、「おだんご弱いの来い!」を発動させて少しでも討伐率を上げたいところです。

スポンサーリンク

オロミドロの弱点

弱点属性弱点部位
火<氷属性頭部=尻尾<尻尾先端

オロミドロの弱点属性は、火<氷属性になります。弱点部位は、頭部=尻尾<尻尾先端で泥を無効化すると弱点の尻尾が狙いやすいです。

攻略手順

オロミドロを発見したら怒り状態になるまでは、オロミドロの尻尾または尻尾先端を攻撃します。攻撃パターンは、練気ゲージを上昇させるために抜刀二連斬り(Lスティック+Xボタン)→桜花鉄蟲気刃斬(ZLボタン+Xボタン)のコンボで練気ゲージを溜めていきます。

練気ゲージが溜まったら、抜刀二連斬り→気刃斬りⅠ(ZRボタン)→気刃斬りⅡ(ZRボタン)のコンボを行いモンスターの反撃を受けそうになったら離脱します。

スキル「泥雪耐性 Lv.2」が発動しているので地面の泥を避ける必要はありませんが、オロミドロが放ってくる泥はダメージを受けるので回避します。

地面の泥を気にせずに戦えるのでゴリ押し気味で戦っても大丈夫です。

【モンハンライズ】太刀(たち)の最強コンボについてはこちら!

【モンハンライズ】太刀(たち)の最強コンボについて!初心者でも簡単に使えます。
モンハンライズで太刀(たち)の最強コンボについて記載しました。モンハン初心者でも扱い易いコンボなので覚えておいて損は無いと思います。記載のコンボは上位クエストでゴリ押しが通用しなく...

オロミドロが怒り状態に移行すると、泥による攻撃回数が増えますが通常時と同じ戦い方で問題ありません。ゴリ押し気味で戦っても大丈夫です。

オロミドロの強技が出る前には、ハンターが声(ナレーション)で知らせてくれるので聞き逃さないようにします。

また、事前にターゲットカメラをロックオンカメラに切り替えておいた方が、カメラ操作が不要になるので立ち回りに専念できると思います。

【モンハンライズ】ロックオンカメラに設定する方法についてこちら!

【モンハンライズ】ロックオンカメラに設定する方法!常に画面の中央にモンスターが表示されます。
モンハンライズでロックオンカメラ(オートカメラ)に設定する方法について記載しました。ロックオンカメラに設定すると常に画面の中央にモンスターが表示され続けるので、モンスターを見失うこ...

クエストが中盤に差し掛かると、操竜のチャンスが到来するので操竜でモンスターに乗って攻撃を行うとオロミドロに大ダメージを与えることができます。

また、操竜中にモンスターに向かって「突進離脱」すると突進されたモンスターは操竜待機状態になり操竜することが可能です。今回のクエストは操竜を上手く使うとことが攻略のポイントにもなると思います。

オロミドロがダウンor疲労状態になったら、攻撃速度が遅くなるので反撃のチャンスです。

戦法がゴリ押しになるので20分ほどで討伐できると思います。討伐のポイントは、スキル「泥雪耐性 Lv.2」を必ず発動させた状態で挑むことです。

泥を無効化するとオロミドロ戦はゴリ押しでも攻略可能です。少しのダメージならオトモが回復させてくれるので気にせず攻撃を続けてもいいと思います。

以上が上位オロミドロのソロ攻略法になります。オロミドロはモンハンライズで初登場になるモンスターになるので、動きに慣れるまで時間が掛かると思いますが装備を整えて挑みたいところです。

タイトルとURLをコピーしました