スポンサーリンク

EarFunFree2レビュー実際に使った感想!性能や使用感が気になる方は必見です。

EarFun Free2(イヤファンフリーツー)を実際に使った感想について記載しました。AirPods(エアーポッズ)と違いサードパティ製のワイヤレスブルートゥースイヤフォンなので、性能や使用感など購入前に気になる方も多いと思います。実際にEarFun Free2を使った感想について詳しく記載しているので分かりやすいと思います。また、性能や使用感が分からず購入に踏み切れない方は必見です。

EarFun Free2の製造販売元はEarFunテクノロジー株式会社になります。

EarFunFree2をiPhoneと接続して使用する方法についてはこちら!

EarFunFree2をiPhoneと接続して使用する方法!初期化する方法も記載しています。
EarFun Free2(イヤファンフリーツー)をiPhoneと接続して使用する方法について記載しました。AirPods(エアーポッズ)と違いサードパティ製のワイヤレスブルートゥー...
スポンサーリンク

製品情報

EarFun Free2EarFun Free(旧式)解説
4,999円(税込)4,999円(税込)アマゾンでの販売価格
aptXに対応aptX非対応高音質と低遅延(0.06秒)に対応
最新のTWS技術 30時間再生TWS技術 30時間再生ケース充電を含め約36時間使える
IPX7完全防水常識の範囲内の防水性能
6mmグラフィンドライバー(クリアな高音質再生)クリアな高音質再生ができる
ワイヤレス充電・USB-C充電2通りの充電方式
イヤホンで16段階音量調節イヤホンの操作で音量調節
自動ペアリング(電源オンで自動接続)電源オンで自動接続
Bluetooth5.0最大通信距離15mで音が途切れにくい
AAC対応高音質・低遅延で音質が良い
ハンズフリー通話イヤホンでの通話(電話・LINEなど)
タッチボタンで操作物理ボタンで操作イヤホンの操作方法

スポンサーリンク

実際に使ってみて

まず、iPhoneとの接続については、EarFun Free2を開封して5分ほどで接続できました。AirPods(エアーポッズ)より少し手順が複雑ですが、家電製品が苦手な方でもスマホとの接続については問題ないレベルだと思います。

取り扱い説明書の記述にも「中指と親指でイヤホンを支えて人差し指でクリックする」など細かな操作方法のポイントも記載されており好印象です。取扱説明書も日本語表記になります。

EarFun Free2本体もそうですが、付属品のクオリティが他社製の格安イヤホンとは違いUSB端子部のバリなど細かい部分の仕上がりもいいです。←品質については音質より気にされる方が多いと思います。

音質の違いについてはノイズキャンセラーが内蔵されていないのでEarFun PROより劣っており、電車などで使用するとどうしてもイヤホンの音量を上げることになり不便を感じます。

iPhoneとの接続はスムーズに接続できましたが、説明書にiPhoneに近づけるとEarFun Free 2のポップアップが表示されるような画像が記載してあり少し困惑しました。

全体を通して他社製品のワイヤレスイヤホンより価格とクオリティのバランスが取れている商品だと思います。ライバル製品としては、アンカー製ワイヤレスイヤホンと比較されやすいと思いますがドライバーサイズも6mm(音質に影響する)と同等で対応コーディックも同等なので音質に大差はありませんでした。アンカー製ワイヤレスイヤホンと比較済み

ノイズキャンセラーに3,000円出せるのであればアンカー、図書館など静かな場所で使用するのであればEarFun Free 2がおすすめです。アンカー製よりEarFun Air PROの方が安く高性能なので、もう少し予算があればEarFun Air PROがおすすめです。

上位モデルEarFunAirPro(イヤホンエアープロ)の品質についてはこちら

EarFunAirPro(イヤホンエアープロ)の品質について!購入を検討されている方は必見です。
EarFun Air Pro(イヤホンエアープロ)の品質について厳しく検品した結果についてまとめました。EarFunAirProの購入を検討されている方で、品質が気になっている方も...

長くなりましたが実際に使用した感想になります。サードパティ製のワイヤレスブルートゥースイヤフォンと言っても数が多く迷われる方も多いと思いますが、個人的には価格とクオリティのバランスが取れているEarFun Free 2はおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました