スポンサーリンク

【iPhone13】カメラの機能「シネマティックモード」とは?!iPhone12をアプデしても使用できません。

iPhone13の全モデルに搭載されたカメラの機能「シネマティックモード」について記載しています。シネマティックモードと言われても効き慣れない言葉なのでピンとこない方かも多いと思います。個人的にも、iPhone13から搭載された新機能になるので調べるまではハテナでした。シネマティックモードについて画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

iPhone12のアップデートを行ってもシネマティックモードは使えません。

【iPhone13】大型カメラは傷つきやすい?!大型化したカメラのキズが気になる方は必見です。

【iPhone13】大型カメラは傷つきやすい?!大型化したカメラのキズが気になる方は必見です。
iPhone13の大型になったカメラは傷つきやすいのか調べた結果について記載しています。カメラが大型化したので露出部が増え、傷や耐久性が気になっている方も多いと思います。個人的にも...
スポンサーリンク

シネマティックモードについて

iPhone13のシネマティックモードで動画を撮影することで、画像のように人間が向いている方向や被写体(人間など)がカメラに映るタイミングを解析してピントが自動で調節される機能になります。このような機能のことをピン送り(フォーカス送り)と言います。

カメラに目線を向けている場合→ヘルメットの男性にピントが合います
ヘルメットの男性が後ろを向くと→後ろの女性にピントが合います

ピントを合わせている被写体には黄色いカッコが表示されます。画面の被写体をタップするとタップした被写体にピントが合います。

具体的には、人間が見ている物に自動でピントを合わせてくれる機能になります。この自動ピン送り機能については、撮影中リアルタイムでAIが自動で行うので撮影者が特殊な操作をする必要はありません。

スポンサーリンク

iPhone13のピン送りの仕組み

iPhone13のピン送りの仕組みは、超広角カメラと広角カメラで撮影を行いiPhone13に搭載されているコンピュータ「A15 Bionic」が、被写体(人物など)を解析してピントをリアルタイムで切り替える仕組みとなっています。

このピン送り技術については、ハリウッドの映画でも使用されている技術ですが、iPhone13に搭載されたことでピン送り技術が身近なものとして浸透していくと思います。

iPhone12でシネマティックモードが使用できない理由については、iPhone12に搭載されているコンピュータ「A14 Bionic」の処理速度の問題またはカメラ性能の問題である可能性が高いです。iPhone13は全モデルでシネマティックモードを使用することができます。

タイトルとURLをコピーしました