スポンサーリンク

iPhone14の背面カメラは傷つきやすい?!画面の傷きやすさも記載しています。

iPhone14の大型になったカメラは傷つきやすいのか調べた結果について記載しています。カメラが大型化したので露出部が増え、傷や耐久性が気になっている方も多いと思います。個人的にも気になったので調べてみることにしました。画像で詳しく記載しているので分かりやすいと思います。

ディスプレイ(画面)の傷きやすさについても記載しています。

スポンサーリンク

iPhone14のレンズカバーは傷つきやすい?!

iPhone14で更に大きくなったカメラレンズカバーの材質は、人工サファイヤガラス(モース硬度9)が使用されています。なので理論上は、ダイヤモンド(モース硬度10)又はサファイヤ、ルビーなどの鉱物でしか傷つきません。

しかし、衝撃には弱いので落とすと割れる可能性はあります。

硬度(こうど)=モノの硬さ
衝撃(しょうげき)=瞬間的に発生する大きな力

また、旧モデルiPhone13やiPhone12に使用されているレンズカバーもサファイアガラス製になります。よって、サファイヤやルビー、ダイヤモンドの指輪などで擦らない限りiPhone14のレンズカバーが傷つく可能性は低いです。

iPhone14シリーズに搭載されている背面カメラのレンズカバーは全てサファイアガラス製になります。

スポンサーリンク

iPhone14のディスプレイと背面は傷つきやすい?!

iPhone14のディスプレイは、金属より硬い(硬度がある)セラミックシールドガラスを使用し、二重イオン交換プロセスでコーティングしているので、明らかに傷の原因となるような使用方法をしなければ傷つかない可能性が高いです。

しかし、レンズカバーより硬度が劣るので砂(石英・モース硬度7)や黄砂など細かな砂が付着した状態で擦ると傷つく可能性は高いです。

本体背面ガラスについても、ディスプレイと同様に二重イオン交換プロセスでコーティングされており直接触るディスプレイよりは傷つき難いと思います。実際の傷つきやすさについては、iPhone14を購入して検証したいと思います。

iPhone12をケース&画面フィルム無しで使用した結果についてはこちら!

iPhone12をケース&画面フィルム無しで使用した結果!傷や耐久性が気になる方は必見です。
iPhone12をケース&画面フィルム無しで1週間使用した結果について記載しました。iPhoneを裸で使用した場合、傷や耐久性が気になる方も多いと思います。個人的にも気にな...

タイトルとURLをコピーしました